オンライン版 

 

 

 

 

不安、恐怖、パニック、強迫を減らす

 

 

 

高尾先生の感想

 

元日本ハコミ研究所代表

 

「参加して本当によかったです。1日でたくさん学びがあってびっくりしました。専門家にとって、とってもありがたい講座だと思います。」

 

 

 

 

 

ずっと使えるスキルや対応法を知ることで、 苦労することが減るでしょう。

 

 

より効果的なセラピーが提供できるようになるヒントがちりばめられています。

 

 

 

 

 

不安、恐怖、パニック、強迫の対応法を学ぶ講座 神戸にて

 

 

 

なぜ不安と恐怖?

 

 

強い不安や恐怖感があるクライアントさんに苦労することはありませんか?

 

 

それからくる、強迫性やパニックが、なかなか改善しない経験はありませんか?

 

 

 強烈なトラウマによって、、、過覚醒状態になり、

 

 

不安や恐怖感をクライアントさんは抱えていることが多いですよね。

 

 

今回の講座では、「不安、恐怖、強迫、パニック」 を確実に減らす方法をお伝えします。

 

 

ソマティックなセラピーのアプローチを中心に、海外の第一人者の先生たちの見解を丁寧にお伝えします。

 

 

みなさん自身の「不安、恐怖、強迫、パニック」も見つめていきましょう。

 

 

体験的に学ぶことで、この分野のクライアントさんが来られても、

 

 

自信を持ってセッションをしていけるようになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

プログラム内容

 

 

海外のトラウマ専門家やソマティックセラピストたちの、知恵をまとめた内容になります。

 

例えば、

 

ソマティックエクスペリエンスのPeter Levine

 

センソリ―モーター心理療法

Pat Ogden

 

愛着の専門家 
Diane Heller

 

脳科学の専門家 
Rick Hanson

 

ポリ理論 
Steven Porges

 

 

 

その他、何十人もの専門家の知識やスキルがあなたのものになります。

 

 

そして山口が実践して効果のあったものをお伝えします。

 

  


 

 

 

全部で約6時間4分の動画になります。

 

 

特典やQ&A動画も入れると8時間、、、

 

 

27本の動画をご提供します。

 

 

このうち約半分弱はセミナーを録画した動画です。残りの半分の動画はブラックボードの前で講義している「撮り下ろし」動画になります。

 

 

 

内容は....

 

 

第1回 不安、恐怖、強迫、パニックの順番?

 

動画5本 

計67分

 

イントロ動画

オリエンティングを深める

カテゴリー分け

順番を知る

ポリ理論を深める

 

◉ ポリーべ―ガル理論からみる、不安、恐怖、パニック、強迫

 

まずこの4つをしっかり理解していきましょう。この理論の理解もさらに深まります。

 

 

◉ オリエンティングを深める

 

トラウマセラピーにおいて、欠かせないうながしです。さらに深めていきましょう。実際に使っているのと、知っているのは雲梯の差です。

 

 

◉ 順番の法則

 

不安、恐怖、パニック、強迫、、、何をどのような順番にやっていくのかは、とっても大事です。間違えると大変です。というか苦労します。 

 

 

◉ カテゴリー分けする

 

不安、恐怖、パニック、強迫を紐解いていきます。それぞれの関係性とは?カテゴリーわけすると、頭の中が整理されます。

 

 

 

 

 

 

 

第2回 不安に向き合う

 

動画5本 

計68分

 

イントロ

不安と不確実性

2つの不安の対応法とは

不安と向き合うワーク

森田療法とある不安の研究

 

 

 

 

  

◉ 不安や恐怖を理解する大事なキーワードとは

 

海外のセラピストたちが「不確実性」というキーワードをなぜ大事にしているのか?

  

 

◉ ある不安の研究について

 

意外な結果だったのでお伝えします。

  

 

◉ Pat Ogden先生の 活用法

 

「指示的マインドフルネス」と「非指示的マインドフルネス」の活用法を理解する。しっかりカテゴリーわけすることで、自分が何をやっているのかが明確になります。   

  

 

◉ 森田療法の不安の対応法

 

カナダ時代の山口の同級生が、森田療法の専門家になったのですが、彼がどのように不安を対応するのかをお伝えします。 比喩も使うのですが、とっても納得です。  

 

 

◉ 不安とうまく向き合うワーク

 

実際にワークをやって、実感してみましょう。不安との新たな出会いがあるかもです。 

 

 

◉ 食事と不安の関係

 

どのような食事をして、何を減らせば、不安が改善されるのか?それをお伝えします。知っているとクライアントさんに、お伝えすることができます。  

 

 

◉ アメリカのぶっ飛んだ研究

 

1回の介入で、80%以上の人のうつや不安が激減しました。それは、6ヵ月続きました。その方法とは。そこから学ぶエッセンスとは?  

 

 

 

 

 

 

 

第3回 恐怖を解放する

 

動画5本 

計67分 

 

イントロ

恐怖と身体反応

深める質問とは

リバーステクニック

恐怖を減らす5つのポイント

 

 

 

◉ 何を怖いと思っているのかは、重要ではない!?

 

では、何に注目するのか?ほとんどの方が知らないことだと思います。

  

 

◉ 解離傾向のある クライアントさんの対応

 

解離傾向がある場合、不安もそうですが、「恐怖」に関してとても大事なポイントがあります。一見大丈夫そうにみえても、恐怖を「実は」感じている、なんてこともあります。

 

 

◉「逃げる」ワークの紹介

 

逃げていいんですよ~(笑)体験して頂いて、事例もお伝えします。身体指向のセラピーでは欠かせないワークです。

 

 

◉ 体の感覚に対して、恐怖を感じる人への対応

 

トラウマによって、体を感じるのが「こわい」クライアントさんに、どのように対応すればいいかがわかります。

 

  

◉ 闘争逃走反応と恐怖の関係性は 

 

この関係性は理解しておく必要があります。

 

 

◉ トラウマ記憶を解放する方法

 

リバーステクニックをご紹介します。タイミングよく使えば、恐怖感が激減します。

 

 

 

 

 

 

 

第4回 パニックを減らす方法

 

動画4本 

計47分

 

イントロ動画

パニックを減らす裏ワザ

スモービーリング

まとめ動画

 

 

◉ 恐怖やパニックに効く「呼吸法」とは

 

様々な呼吸法を体験することができます。セッションにおいて、いくつか引き出しを持っていると安心できますよね。

 

 

◉ スモービーリングをやってみる 

 

どのような効果があるのか?なぜ使うのか?普段の臨床で使ってみてどうだったかをお伝えします。覚醒レベルを上げたり下げたりもできるし、体の感覚に安全にアクセスできるツールとして最高です。 

 

 

 

 

 

 

 

第5回 強迫を手放す方法

 

動画4本 

計60分

 

イントロ動画

強迫を理解する

エリクソンのアプローチとは

3人のソマティックセラピストの知恵

 

 

◉ 強迫がある方への対応法 

 

ある1つの質問をすることでセッションは大きく変わります。この質問をしないと、ある意味、症状をずっと聞くだけになってしまうこともあります。 

 

 

◉ Richard Schwartz先生 の強迫とパニックの対応法

 

内的家族システム療法(IFS)を作った彼が、パーツ心理学と家族のシステムから、今回のテーマに切り込んだ内容をお伝えします。

 

 

◉ 脳神経学者のDan Siegelが言う「チェッカー回路」とは 

 

強迫性についてのヒントになります。脳科学と言っても難しくないです(笑)

 

 

◉ 強迫症状を減らす方法 

 

ミルトンエリクソンの強迫を減らすアプローチをご紹介します。

 

 

◉ マインドフルネスの専門家、Ron Siegelの見解 

 

ハーバードの医学部の教授の彼が、強迫性障害(OCD)についての対応をお伝えします。 

 

 

 

※英語のレッスンもちょっとだけあります(笑)  

 

 

 

 

 

 

第6回 さらなる対応法

 

動画4本 

計55分

 

愛着からみる不安

リックハンソン先生の不安の対応

不確実性をさらに深める

全体を振り返る

 

 

 

 

◉ 脳科学者であるRick Hanson先生の 不安の対処法とは

 

先生は、不安の時の対処法として、避難所をもつことを強調されています。その意味は?

 

   

◉ Sue Johnson先生の愛着からみる不安とは

 

愛着理論家で、夫婦セラピーの第一人者の彼女。不安を「愛着」からみていく必要があると論じています。愛着、人と繋がることの大事さは、不安を解消するヒントになります。 

 

 

◉ 不確実性をさらに深める

 

この概念をさらに深めていくとどうなるのか?とっても考えさせられます。手放すこと、生きること、人生とは? 

 

  

◉ アインシュタインの言葉

 

インタビューアーが「最も大事な人生の問いは?」と聞かれた時、アインシュタインは意外な答えをいいました。E=MC 的なことではなかった(笑)

 

 

 

 

 

 

6時間の動画コンテンツ

 

 

毎週平均60くらいでこなせます。

 

 

ただ、いつでも、いつまででも観れますので、忙しい方も、安心して学んでいけます。

 

 

特典もつきます!

 

 

  

 

 

特典1 個別のQ&A動画

 

今までに参加者より頂いた質問やコメントに、山口が「1人1人」時間をかけて、動画でお答えした動画を提供いたします。

 

質問だけでなく、喜びの声、うまくいったこと、難しかったこと、実践した結果を学ぶことで、より学びが深いものとなるでしょう。そして、実践するモチベーションになるかもしれません。

 

1時間15分の動画

 

 

 

 

 

 

 

 

特典2 質問権

 

 

各動画の下から、無制限で質問やコメントに文章でお答えします。もちろん常識範囲内で(笑)でも、どんどん質問やコメント、動画の下からしてくださいね。ヘルプボタンがいつでも押せるようなものですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

特典3 動画「不安や恐怖を減らすエネルギーワーク」

 

エネルギー心理学のDonna Eden先生のワークを紹介します。なぜ効果的なのかの説明をして、実際に一緒に体験できます。数分でできる簡単なワークです。 

 

先生は、神経血管のポイントが大事といわれます。怖い!と思った時に私たちは自然とそのジャスチャーをしたりします。そこにもヒントがあるようです。

 

動画時間 15分

 

 

 

 

 

 

特典4 動画「マーシャリネハン先生の脅威対応スキル」

 

 

Marsha Linehan先生(弁証的行動療法の提唱者)が考え出した、「Cope Ahead Skill」とは?訳すと未来対応スキルって感じでしょうか。未来に抱いている脅威を解放する方法を、ステップと具体例をお伝えします。

 

動画時間 18分

 

 

 

 

 

 

 

特典5 動画「ノーム先生によるトラウマセラピー」

 

我が家のノーム先生(愛犬)はどのようにトラウマから回復したのか?

 

3歳のノームちゃんは、悪徳なブリーダーに狭いゲージに閉じ込められて、2年を過ごしました。ペットショップに売るための子犬を生まされるだけの日々。

 

散歩もお遊びもない生活、食事もまともに与えられず、レスキューされた時は、激やせしていました。

 

そのような劣悪な環境、トラウマから見事に回復していっています。その様子をお伝えします。

 

セラピーに活用できるエッセンスが学べます。

 

動画時間 25分 

 

 

 

 

 

 まとめると、、、

 

第1回 

全体像と順番について

 

第2回 

不安と向き合う

 

第3回 

恐怖を解放する

 

第4回 

パニックを減らす

 

第5回 

強迫を手放す

 

第6回 

さらなる対応法とまとめ

 

特典1 

個別Q&A動画

 

特典2 

制限なしの質問権

 

特典3 

動画 「ドナエデン先生の不安や恐怖を減らすエネルギーワーク」

 

特典4 

動画 「リネハン先生の脅威対応スキル」

 

特典5 

動画 「ノーム先生によるトラウマセラピー」

 

 

 

 

Preview動画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動画のお届け方法

 

6週にわたって動画を配信します。毎週無理なく、少しずつ学べます。

 

参加日にすぐ第1回目の動画がみれます。

 

その1週間後には、第1回目と2回目の動画がみれます。さらに、その1週間後には、3回目まですべて、、、

 

というように、毎週新しい動画がアップされていきます。メールで毎週ご案内します。

 

見る時間がなかった動画も、もう一度見たい場合でも、

 

半永久的にいつでも見れます。

 

 

 

動画を観ながらするワークもあります。一緒に動画を観ながら体験して頂けます。

 

 

 

「楽しく学べた」

 

「体験できた」

 

「あっという間だった(笑)」

 

「次の日から使えそう」

 

「癒された」

 

 

と参加者が言われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師 山口修喜

 

1977年生まれ。高校よりアメリカに留学。カナダのサイモンフレイザー大学で心理学を学び、カウンセリング心理学の修士号を取得。その後、ブリティッシュコロンビア州公認心理カウンセラーとして世界的パイオニアである男性サバイバー支援センター (BC Society for Male Survivors of Sexual Abuse)に勤務。

 

2011年帰国し、神戸でカウンセリングオフィスPomuを開業。15年で男性サバイバー700名、その他のトラウマを抱えた方とのセラピーを含めると2000名以上。日本人をはじめ多くの国々の多様な悩みをカウンセリングしている。

 

 

 

 

講演実績

 

京都女子大学

兵庫県川西市

兵庫県あかし男女共同参画センター

大阪府茨木市女性グループウイング

性暴力被害者支援センター・神戸

SACHICO 性暴力救済支援センター大阪

レイプクライシスセンターつぼみ

性暴力被害者支援のSAFER

認定NPO法人いくの学園 

内閣府モデル事業・性暴力被害者のための相談員養成講座

 

 

 

 

掲載メディア

 

少年への性的虐待、このあってはならない犯罪を各新聞社に伝えて頂けました。

 

 

 

ヤフーニュースに掲載された時は、何百万人の方々に男性サバイバーのことを知って頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

オンライン版

 

 

 

 

 

セミナー参加者の感想

 

H.M. さま

心理カウンセラー 

静岡

 

「ほんわかして、ゆっくり聞ける。ゆっくり自分の問題に向き合えました。気づきをもらえ、次の課題がみえました。」

 

 

 

M.A. 様

支援団体職員 

岡山

 

「具体的、実践的、即応的。日頃のこども達の行動の意味というか、理由がわかって納得しました。」

 

 

 

ぴぴ さま

心理カウンセラー 

大阪

 

「ほぼ体験型で、後でオンライン講座でも復習できるのは、記憶しやすい。自分で体験することで、よくわかります。長年の自分の右側の肩こりの原因がわかりました。」

 

 

 

N.M. 様

看護師 

大阪

 

「強迫、パニック、恐怖の元となっているのは、不安であるということ。その不安を軽減したり、取り除く方法を具体的に実践できる方法で教えていただいたことがすごく有難かったです。ぜひ患者さんに実践してみたいです。」 

 

 

 

ZONOさま

心理カウンセラー 

福岡

 

「過去のセミナーで学んだことを実践してきましたが、役立ちます今回も持ち帰るものがいっぱいです。臨床の場に生かせる具体的な方法を教えてもらえました。」

 

 

 

高尾威広さま

日本ハコミ研究所

 

「参加して本当によかったです。1日でたくさん学びがあってびっくりしました。専門家にとって、とってもありがたい講座だと思います。」

 

 

 

 

 

 

プログラムの内容

 

第1回 

全体像と順番について

 

第2回 

不安と向き合う

 

第3回 

恐怖を解放する

 

第4回 

パニックを減らす

 

第5回 

強迫を手放す

 

第6回 

さらなる対応法とまとめ

 

特典1 

個別Q&A動画

 

特典2 

制限なしの質問権

 

特典3 

動画 「ドナエデン先生の不安や恐怖を減らすエネルギーワーク」

 

特典4 

動画 「リネハン先生の脅威対応スキル」

 

特典5 

動画 「ノーム先生によるトラウマセラピー」

 

 

 

 

対象者

 

基本、支援者向けになりますが、どなたでも参加OKです。

 

過去の参加者

 

相談員

臨床心理士

福祉士

教育者

心理カウンセラー

整体師

医者

精神科医

主婦

会社員

 

支援者ではなくても、ご自身の回復と成長のために、受けられる方もそれなりにおられます。

 

 

  

場所

 

あなたの自宅。

パソコンの前。

動画がみれる環境であれば、どこでも(笑)

 

 

 

 

参加費

 

価格: 39800

 

今回の内容は、他ではほとんど聞けないレアな情報もたくさんあります。

 

 

 

 

参加費を返金します

この講座にご参加頂いて、料金に見合わない、内容がためにならないなど、満足いただけない場合は、お申し込み後20日以内にご連絡ください。

 

喜んで全額返金いたします。返金を求められても、今後のこちらからの対応は変わりません。「安心してこのプログラムをお試し頂きたい」との想いから、この返金保障をつけさせて頂いています。

 

 

 

 

 


私の人生におけるミッションは、1人でも多くの支援者に

 

 

自信を持って効果的なセラピーをやって頂くことです。

 

 

そのようなコミュニティーを一緒に作っていきませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か質問など、聞いてみたいことがあれば遠慮なく連絡ください。

 

counseling@pomu.info 

 

山口修喜

カウンセリングオフィスPomu

 

 

 

 

 

 


頂いたお礼...

 

 

先日有料で配信されている講座をすべて見終えました。

 

今までたくさんの講座を受けてきましたが、どの講座より私自身がレベルアップしたと実感できた講座でした。本当にありがとうございました。

私は新米のカウンセラーです。山口さんのおかげで、この半年で出来ることがたくさん増えました。おかげで以前より自分に自信がつきました。

セッションは少しずつというお話は頭を殴られたような衝撃でした。今まで派手なデモセッションを見過ぎていたせいか、画期的な変化への憧れがあったのですが、誰のためのセッションなのか忘れていた自分が恥ずかしいです。

パーツ心理学も、「なるほど!」と思う事ばかりで実践にとても役立っています。リソースの大切さとか、何事も自信をもって一緒にやっていくことの大切さとか、心理教育や動機付けの大切さとか…他にも山ほどためになったことがあるのですが、書ききれないので1番私が学んだことを伝えさえてください。

私は、動画全体から、山口さんの支援者としての「あり方」を学びました。何となく余分な力が抜けている感じとか、寄り添いの深さとか…。

 

言葉にするのが難しいですが、動画でも、見ていると私自身が体の感覚に気づきやすくなる感じがあって、何となく色々なことが許されているような感じもあります。

どこでそう感じたか、明確にここだというところはあげられないのですが、本当に何となく、全体的な雰囲気からです。私自身は少し固い印象を与えるようで、支援者として向上したい思いからカウンセリングを受け続けていますが、今まで受けた方には臨床心理士の資格があっても「?」と思うような方もいました。

原因はその方の「あり方」のように感じました。総合トレーニングにとても興味があります。参加したいと思っています。

素晴らしいプログラムで、とても感動してお礼が言いたくなりました。しかも、これだけのことを自力で学ぼうと思ったらどれだけの時間とお金がかかるかと思うと… 本当に心から感謝しています。ありがとうございました。

 

長崎香織 心理カウンセラー 

 

 

 


 

 

今回の内容を通じて、、、

 

◉ 不安と向き合う大事さが理解できます。


◉ パニック発作を解放する呼吸法がわかります。


◉ 恐怖を減らす対応法を学ぶことが出来ます。


◉ 強迫症を確実に減らすスキルが手に入ります。 

 

一緒に学びませんか?