オンライン版

第5回 強迫を手放す

イントロ動画

大事な質問の仕方とワーク

逆説のアプローチ

海外の先生と強迫を理解する

コメントありがとうございます。

名前はもちろんニックネームでも大丈夫です。

ご自由にコメント下さい。

 

動画の感想、実践してみようと思うこと

などなど。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ぞのさん (木曜日, 14 9月 2017 02:20)

    OCDのクライアントさんとの
    会話は、まさに哲学的なやりとりになります。

    子どもをあらゆる危険から
    完全に守りたいという思いは
    ある意味ファンタジーであり
    おごりなのかもしれないと
    おもいました。

    「先はどうなるか本当にわからない。

    わからなくていい」

    はじめて聞くような新鮮感じかします。

    クライアントさんのおかげで
    山口さんと出会い、成長させてもらっているように思います。

    教えて頂いた質問をしたら

    死ぬかもしれない
    狂うかもしれない
    殺すかもしれない
    とおもうと、怖くてたまらないと言われました。

    お母さんも、クライアントも
    同じことを言われました。

    昨日クライアントさんから

    死ぬ時は死ぬと思って
    思いきってひとりでレンジでチンしたら、できた。うれしかったという声が聞けて
    本当に嬉しかったです。

    一進一退なのかもしれませんが
    手応えを感じています。

    他のカウンセラーにリファーしようかと思っていましたが
    もう少しやってみます。

    勇気を頂けました。

    ありがとうございました。



  • #2

    ポムの山口です (木曜日, 14 9月 2017 13:43)

    ぞのさん

    コメントありがとうございます。

    強迫の奥にある恐怖が明確になったんですね。

    その恐怖が明確になると、
    恐怖に共感することもできるし、

    その恐怖には、何が必要なのかを
    探っていってもいいかもですね。

    支えがほしい、って言われたら、
    人に支えられた体験を思い出してもらって
    そこに浸ったりもできます。

    ある意味、リソースを育てるということ
    ではないでしょうか。

    安全感がほしいって言えば、
    それについて話したり、

    その感覚にとどまってみたり。

    いい感じの支援ですね。

    また教えてくださいね。



コメントの所にシステム上「ホームページ」と出てしまいますが、

 

お気になさらずに、、、コメントどうぞ。