オンライン版

最終回 不安と恐怖を再構築する

愛着からみた不安の対応法

Rick Hanson先生の不安の対応法

不確実性を深める

最後の振り返り

コメントありがとうございます。

名前はもちろんニックネームでも大丈夫です。

ご自由にコメント下さい。

 

動画の感想、実践してみようと思うこと

などなど。

 

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    ぞのさん (木曜日, 14 9月 2017 12:36)

    山口さんの講座ノートは
    3冊になりました。

    講座は生き方そのものを
    問いかけられているようでした。

    繰り返し繰り返しめくる
    ノートになりそうです。

    「命は個より大きなもの」
    これからの課題になりそうです。

    講座を見終わって
    体が、興奮で震えています。

    探していた世界の入り口に
    いるようです。

    クライアントさんが導いてくれました。

    私はひょんなことから45さいから支援者をしています。

    今57才で、子どもが巣立ち
    会社が倒産して仕事がなくなり
    たくさんの人とバラバラになり
    こころが空っぽでした
    自分がやりたいことが、わからず
    途方にくれていましたが
    これからの支援者としての
    人生が少しずつ見えてきたようです。

    ばんざーい�

    嬉しいです。

    不確実だからこそ

    変わらないものが

    貴重なのかもしれない

    と思いました。

    山口さんありがとー�


  • #2

    ポムの山口です (木曜日, 14 9月 2017 13:48)

    ぞのさん

    コメントありがとうございます。

    ノート3冊!
    着々と学びが深まってそうですね!

    これからの支援者としての人生が
    みえてきた、というのが希望ですね。

    王道に気づくと
    人は身震いが起こるのかもしれないですね。

    鳥肌が出るといいましょうか。

    ワクワク興奮できることって
    素晴らしいですね。

    陰ながら、応援しています!



  • #3

    きよりん (日曜日, 15 10月 2017 12:40)

    山口さん

    今回も良かったです

    なんかセラピスト応援な感じで

    元気になりました

    娘さんの事例がわかりやすく

    良かったです

    結局、

    不安感じてな!

    コントロールすんな

    ということかな

    と思いました

    ありがとうございました

  • #4

    ポムの山口です (月曜日, 16 10月 2017 14:02)

    きよりんさん

    コメントありがとうございます!

    セラピストの応援団ですから(笑)

    不安感じてな!
    コントロールを手放す!

    うまくまとめてもらいました。

    コントロールできないしね、
    どうせ、、、




  • #5

    みすず (月曜日, 30 4月 2018 21:31)

    ・「死にしっかり直面しないと、生きることに直面できない」(スティーブン・ヘイス)

    ということですが、これは、クライアントに向けての言葉でしょうか。

    それとも、セラピスト自身が、クライアントに対峙する際に、「不確実性」についての認識を深めておく必要がある、という観点からのセラピスト自身に向けての言葉でしょうか。

    ・「必ず、身近な誰かが、一人、二人、死ぬ
     必ず、病気にも、事故にも遭う」

    という言葉は、クライアントに言ってもらうとのことでしたが、そもそも、トラウマを持つクライアントは、こころの底に、死への恐怖を持っていると思います。

    そういう意味で、上の言葉を言ってもらうタイミングは大変重要だと思うのですが、その点、いかがでしょうか。

  • #6

    ポムの山口です (月曜日, 30 4月 2018 23:43)

    みすずさん

    質問ありがとうございます。

    1点目ですが、
    クライアントというより
    セラピスト自身の
    生き方といいましょうか、

    心構えのようなものだと
    思って頂ければいいかと思いました。

    2点目も、
    ごくまれにクライアントさんに
    言うこともあるかもしれませんが、

    どちらかと言うと、
    1点目と同じようなメッセージ
    だと、今感じています。

    不確実で、ある程度、不安で
    自然だとまずセラピストが自覚して、

    セッションに一緒に取り組んで
    いくような感覚でしょうか。

    講座の最後の、
    伝えたいメッセージ、
    大事なまとめのような
    流れでお伝えさせて頂きました。

    ちょっと動画の説明が
    明確でない部分があったような気がします。

    最後まで学んで頂けてうれしいです!


コメントの所にシステム上「ホームページ」と出てしまいますが、

 

お気になさらずに、、、コメントどうぞ。