Video 1

On Air


Video 1 「フラバを減らす具体的な方法!」 27分



Coming Soon


Video 2 「最新トラウマ理論でフラバを減らす方法」 41分



Coming Soon


Video 3 「たった10セッションでフラバ減った事例?」 59分

 


 

 

 

 








あなたの周りに、この動画を活用できそうな方はおられますか?





この動画をあなたの大切な人へお伝え頂く場合は、、、

 

以下のURLをお伝えください。

登録すると3つの動画が観れます。

 

http://www.pomua.info/flashback-sqeeze/



 

(例文)

 

こんにちは。

 

最近、

「フラッシュバックを減らす方法」

 

という興味深い

動画シリーズを見つけました。

 

無料だけど、結濃い内容。

 

トラウマやフラッシュバックに

ついて理解が深まったり、

 

どのようにすれば減らせるのか

具体的な内容が盛りだくさん。

 

さらに

トラウマ業界に革命をもたらした

最新の「理論」も紹介しています。

 

とってもわかりやすいです。

 

講師は、男性サバイバーの支援で

知られている山口修喜さん。

 

カナダでずっと心理カウンセラーを

されてきた人です。

 

よかったら、一度観てみてください。

http://www.pomua.info/flashback-sqeeze/

 

 

 

 

コメントよろしくお願いします。

名前はもちろんニックネームでも大丈夫です。

ビデオのご感想、決意表明、などなどお待ちしております。

コメントをお書きください

コメント: 72
  • #1

    恩田博世 (水曜日, 07 5月 2014 16:26)

    NO-1を観たところで これから先 凄く参考になりそうな気がしました、期待したいと思います。

  • #2

    ぽむの山口です (水曜日, 07 5月 2014 16:47)

    記念すべき1人目のコメントです!
    ありがとうございます。

    次のビデオまでしばらくありますが、
    ビデオの内容をお試しください。
    では次回のビデオもお楽しみに!

  • #3

    T・イワサキ (金曜日, 09 5月 2014 09:19)

    トラウマについての理論はみなさんご存知だと思いますが、具体的な治療法についての理論はあまりご存知無いと思います。
    私も精神科では色々な人と話す事で癒されると言われましたが
    それが出来るぐらいならかなり良くなっているはず・・・そこまで回復するのにどうすれば良いのか教えてくれる人がなかなかいないのが日本のトラウマ治療の現状です。  次に期待。
     

  • #4

    ぽむの山口 (金曜日, 09 5月 2014 11:05)

    イワサキさん

    コメントありがとうございます。
    具体的なトラウマ回復の方法になかなかたどり着けないのが日本の
    現状みたいですね。

    これが10年、20年前だともっとトラウマや性的虐待に理解がなかったかもしれません。

    もっとはやく具体的な方法にたどり着いてたら、と悔しい気持ちもよく耳にします。では次回の動画でお会いしましょう。

  • #5

    支援ボランティアY (日曜日, 11 5月 2014 22:09)

    交通犯罪遺族団体の支援ボランティアYです。性被害ではありませんが、FBやトラウマについて、山口さんのお話はいつも参考にさせていただいています。遺族にとって過去、最大のリソースの源泉だった家族を事件で亡くした場合、その故人を思うと同時に事件を思い出しFBにも直結してしまうという点で、現在のリソースをどこに育めばいいのかが難しいと感じます。ビデオの続きを楽しみにしています。

  • #6

    伊藤 博 (日曜日, 11 5月 2014 22:43)

    私自身は性的なトラウマというほどのものは抱えていないかも知れませんが、対人的なある種の状況で心身ともに固まってしまってどうにも身動きが取れなくなるという事があって、ビデオが参考になるのではないかと思い拝見させて頂きました。
    実は10年くらい前からアルコール問題に関するある自助グループに通って、「話して吐き出す」ことを強調される雰囲気の中で自分の回復を進めて来ました。自助グループに通うことは、全体的には良いことが多かったと思うのですが、ただ初めに書いた自分の問題には「話す」ということがあまり役に立たないようにここ数年感じてきました。時には話せば話す程自分にとって害のある感覚が強化され固着してしまうようにも思われました。
    ビデオを見て、こういった自分の感じ方は多分かなり妥当なものなのだろうと思い、話すタイミングや分量を調節するという考え方もアリなのだと思い、自分の感覚に対する信頼感が強化されました。
    どうもありがとうございました。

  • #7

    ぽむの山口です。 (日曜日, 11 5月 2014 23:30)

    伊藤さん
    コメントありがとうございます!
    伊藤さんの感じたこと(吐き出すように話すことでしんどくなる)は妥当だったのですね。

    そのようなことをカウンセリング現場でも日々感じ続けています。

    よい感覚を「今感じる」ということが根本にあって、回復が進んできてから「話す」という選択肢があるのかもしれません。

    また次回のビデオでお会いしましょう!

  • #8

    ぽむの山口です (日曜日, 11 5月 2014 23:38)


    支援ボランティアYさんへ

    コメントありがとうございます。
    大切なリソースがなくなることはつらいです。

    リソースは広い意味で考えると、
    外部的なリソース、家、車、安心できる職場、お金などなど。
    内部的なリソースは安心感、喜び、自信、落ち着きなどにはじまり、赤ちゃんのころ親に愛されたような感覚、友達とこどもの頃遊んだ、あとはイメージである意味、勝手にいい感覚を作ってしまうこともできます。「今」そのような世界に入ってみる。強引でも脳は騙されます。

    しかしそれをやることが簡単ではないかもしれません。

    次回のビデオをお楽しみに!

  • #9

    ヒロシ・m (日曜日, 18 5月 2014 06:28)

    動画、拝見しました。私は睡眠、食事はきっちりと取れている方なので、一応、安心しています。ですが、今まで自分が生きてきた中で、良かった、安心感といったリソースが私には持ち合わせていない、自分にはあるんだろうか?と思っています(その中にもトラウマの影響もあるのかもしれませんが)。リソースが欠けている人はどうやってリソースを見つけていくのか?も含めてトラウマの理論、そこからの回復への道筋が分かればいいな、と感じています。次も拝見したいと思ってます。動画ありがとうございました。

  • #10

    ぽむの山口です。 (日曜日, 18 5月 2014 19:43)


    ヒロシさん。

    コメントありがとうございます。

    リソースと言っても、自信、落ち着き、安心感、達成感、喜び、
    とにかく感じる、イメージしてみる。過去の出来事でもいいし、または勝手に「こんな感じかな」とある意味強引にイメージしてみるのもいいかもしれません。

    とにかく今あるリソースから。安心感が無くても、自信がある感じは、、、というように。

    探求してみてください。

    次回の動画をお楽しみに。



  • #11

    (月曜日, 20 10月 2014 06:35)

    初めまして。ここ数日、フラッシュバックがあり、また、わたしの”コレ”は”フラッシュバック”というものなんだろうか…?という疑念もあり、ネットでいろいろ答えを探していたところ、Youtubeから山口先生の事を知り、「フラバを減らす具体的な方法!」も拝見させていただきました。私は2年間、貧困状態から性風俗産業に入り、そこで何度も望まぬ性行為・・・時には首を絞められたり、長時間怒鳴られ続けたりして、彼らの挿入行為を許して来ました。今、書いている時点でも、その時、感じた虚脱感・頭が真っ白・血の気が引く…のような感覚に陥ります。とても苦痛でした、脳味噌を棍棒でドスドス攻撃されているようで、私は、彼らに早くイッてもらえるよう、膣を締め、わざと喘ぎ声を上げました、自分がした行いの事を考えると罪悪感が湧きます。。精神的に病みました。最悪な時期には、お客さんに説教をしたり、”今度何かあったら殺してやる!”と強く思っていましたし、離人状態…頭を打っても痛くない、車が柔らかく見える、間近で明るいランプで照らされているような過覚醒状態で一睡もできない…等ありました。風俗を辞めた直後は何週間か身体が重く布団から出られない状態でした。今は心療内科に通いつつ、日常生活を取り戻そうとしている最中です。一時期は辛い記憶も遠のき、元気になった!と思ったんです。が、本来、漫画で生業を立てておりまして、今もオーダーされた作品を描いている途中なのですが、以前よりも作業スピードが落ち、集中するとなぜか記憶が蘇ります。最近、自殺の念が強くなり、何故なのだろうと…。たぶん、睡眠不足、同じ姿勢を続けている事で身体が凝り固まっている、呼吸が浅い、などが原因なんでしょうね。いくら今は安心な環境にいても…。まずは身体から。睡眠・呼吸・体ほぐし、習慣的に続けようと思います。希望を与えて下さってありがとうございます。

  • #12

    POMUの山口です (月曜日, 20 10月 2014 16:51)

    Mさん

    コメントありがとうございます。
    苦労が多い中、今日常生活を取り戻されてきているのですね。

    つらい記憶も遠のいたり、よくなってきている部分もあるんですね。
    習慣的に呼吸や体ほぐしを続けてみよう、と聞けてとてもうれしいです。

    自分自身のケアをしてあげる、といいますか、「体」にもちゃんと言い分が
    あると感じると、ケアしてあげたいな、と思いやすいかもしれないですね。

    今後ともよろしくです。


  • #13

    O (金曜日, 27 2月 2015 14:30)

    30代女性です。性的トラウマと機能不全家庭による世代間連鎖の苦しみで生きにくさを感じています。
    数年前に、たまたま山口先生のホームページを見つけお電話でのカウンセリングを数回させていただきました。
    金銭的なことと出産が重なり、その後定期的なカウンセリングが出来ていませんが、またお金と時間を確保してカウンセリングお願いしたいと思っています。その節は本当にありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

    前に、生きていく力に繋がった記憶を探して行く作業をしたことがありました、私には家庭の中にそれを見つけることは困難でしたが、やはりいくつか思い出しました。幼稚園や小学校の先生で温かい真剣な眼差しで私達子供と関わっていた方との記憶、どちらも音楽関係の方で一緒に音楽を作る授業の記憶でした。この人なら信じることが出来る、心が通っていた、というような記憶は、私の中に真実として響いていて、それが今でも生きる力に繋がっている気がしています。

    次の動画も楽しみにしながら、喜びの記憶を出来るだけ思い出してみて、しっかりそれに浸ってみようと思います。

    これからさらに自分の性的トラウマのことも前向きに向きあっていきたいと思います。

  • #14

    Pomuの山口です。 (金曜日, 27 2月 2015 14:56)


    コメントありがとうございます。
    お久しぶりです。

    過去の喜びの記憶に浸ることもだいじですね。

    または最近の喜びの感覚に浸る、でもいいかもしれないですね。

    さらには、未来の喜んでいるイメージ、体の感覚、におい、
    音、五感すべてで感じるでもいいかもしれないですね。

    体が喜ぶものであれば何でもいいのでしょうね。

    またいつでもお待ちしています。

    山口



  • #15

    過食症患者 (日曜日, 05 4月 2015 11:51)

    過食症です。もう15年以上で、色んな所で治療を受けましたがダメでした。興味深いと思ったのが、病院で治療している間は大体において症状が悪化しているか停滞しています。少しでも症状が抑えられているときは病院にかかっていない時です。カウンセリングに行くと自分のもつ問題の大きさと複雑さを実感して逆に食べ吐きがやめられないのを肯定してしまい、頑張ってやめようとしなくなります。でも自分で頑張ってやめても、大体自分の中の苛立ちや生き難さが他の症状で出始め、他の形での依存症をふくめた体調と精神状態の不安定さが引き起こります。そういうのを繰り返していると、自分は根底にいろいろな直せない問題(精神的、肉体的)を抱えているので、依存症に頼りながら生きていくほかないんだ、と思ってしまいます。でもその一方で依存症を持っていると自己嫌悪や羞恥心が大きく、毎日の生活や仕事に支障をきたし、何とかしてそういったものを抱えないで生きる方法を見つけたいのです。だから、精神的肉体的問題に時間をかけて対処する一方(トラウマ治療など)、そんな問題を抱えながらも周りに引け目を感じたりせずに生きていく方法が知りたいと思います。なにかお考えがあればおねがいします。

  • #16

    Pomuの山口です。 (日曜日, 05 4月 2015 22:59)

    #15に対してのコメントです。

    動画に興味を持って頂いてありがとうございます。

    確かに、トラウマ治療が根本的な解決になることもあると思います。
    その方向に行かれるなら、ソマティック系、ボディーを取り入れた(体の感覚)セラピーをお勧めします。

    あと、
    過食についてのことですが、
    ややこしかったら流してください。

    やめようとすればするほどやめられない、
    ということがあったりもします。

    なので、過食を「悪いもの」とみないことも
    大事なのではないでしょうか。

    そして、過食の役割を探求してみる。
    というのは、体は、過食をすることで何かを得ている
    のだともいわれたりします。

    例えば、食べることで、一時的な幸福感を得られるなど。

    言い換えると、深い部分にある過食の「肯定的意図」
    を探るという感じでしょうか。

    体は、いい意図があって、目的があって食べている。

    ここを認めることで、症状が抑えられることがよくあります。

    参考までに。

    山口


  • #17

    ねこ (木曜日, 16 4月 2015 14:52)

    はじめまして。
    NO.1の動画を拝見させて頂きました。

    以前はトラウマから肋骨と体全体に硬直がありましたが、
    最近はほとんどなくなりました。
    しかし肋骨だけは、どうしてもぶり返してしまいます。

    ストレッチをしていくと硬直がとけていくものでしょうか?
    トラウマが抜けきっていないのでしょうか?

    カウンセリングでトラウマの話をして、
    二回目のカウンセリングに行くときに肋骨の痛みが
    初めてでました。
    どうして肋骨に痛みがでるのが不思議に思っていたのですが、
    トラウマが症状として出やすい場所なのでしょうか?

    人に話をして発散できるタイプではないので、
    続きの動画が楽しみです。
    実践できることを行っていきたいです。

  • #18

    ぽむの山口です (木曜日, 16 4月 2015 16:02)


    ねこさん
    コメントありがとうございます。

    個人個人の違いもありますが、
    肋骨はチャイルド(幼少期の自分)と
    関係していることがよくあります。

    あとは、
    トラウマ時に体がどうなったか?
    ということだと思います。

    体が固まるのも自然だし、
    例えば、肋骨のあたりが固まることもあります。

    トラウマ時には呼吸を浅くして
    感じないようにするので。

    肋骨はインナーチャイルドと関係してるように
    「自由」ということとも関係がありそうですね。

    親などが厳しかったりすると
    きゅっ、と固める必要がありますよね。

    ストレッチである程度、楽にはなると思いますが、
    完全に肋骨あたりの痛みがなくなる、
    ということはないような気がします。









  • #19

    高橋俊彦 (土曜日, 25 4月 2015 08:48)

    こんにちは
    タッピングによるトラウマ治癒に関する動画資料に字幕を入れる作業をしています。
    お役にたつかどうかは分かりませんが、ご参考まで。
    https://www.youtube.com/user/amrowaters/videos?flow=grid&view=0

  • #20

    ぽむの山口です (土曜日, 25 4月 2015 11:05)


    高橋さん

    メッセージありがとうございます。

    字幕を入れるのは大変な作業ですね。
    お疲れ様です。

    私は3分の動画に字幕を入れるだけで
    疲れました(笑)

    タッピング、とくにEFTは素晴らしいですね。

    私もカウンセリングで使うときあります。

    特に不安に効くと実感しています。


  • #21

    高橋俊彦 (火曜日, 28 4月 2015 15:07)

    >私も精神科では色々な人と話す事で癒されると言われましたが、
    >それが出来るぐらいならかなり良くなっているはず・・・
    >そこまで回復するのにどうすれば良いのか教えてくれる人がなかなかいないのが日本の
    >トラウマ治療の現状です。

    私も長年トラウマに苦しみ、あれこれ模索しながら答えを探してきました。
    どれだけ話してもトラウマは良くならないのだと思います。
    私は瞑想やボディーワークを通して自分の痛みに取り組んできました。
    EFT(感情解放テクニック)ではトラウマはエネルギー的な性質を持つと仮定します。
    そのエネルギーに働きかけることでトラウマを解放します。
    私はこの考え方にとても共感します。

    既存の精神医療では、「意識=エネルギー」という視点が欠落しています。
    そのため、話すことや薬剤を使うことで治癒を促しますが、
    これは対症療法にすぎないように思えます。

    私の個人的経験からの帰結ですが、心身の健康のためには
    エネルギー的なアプローチはとても重要だと感じています。
    これは私の長年に渡る瞑想の経験から実感するところです。

  • #22

    うっち (日曜日, 14 6月 2015 18:00)

    こんにちは。ワクワクしながら視聴しております。
    睡眠と食事と呼吸が基礎としてなによりも重要とのこと。
    しかしながら、睡眠に問題を抱えている場合は多いと思います。
    入眠や質のいい睡眠のコツなどありましたらどうぞ教えてください。

  • #23

    Pomuの山口です。 (日曜日, 14 6月 2015 18:40)

    うっちさん

    コメントありがとうございます。
    確かに睡眠が大事、といったのですが、

    寝れないことも、トラウマやPTSDと
    関係していますよね。

    寝れないとダメ、ということではなく。
    睡眠がめちゃくちゃだと、

    フラバが減りにくい、大きくなることも
    1つの要因ということでしょうか。

    質のいい睡眠の1つのコツは、
    体が緩んでいるかということではないでしょうか。

    ストレッチなどが大事になってきます。

    しかし、体を緩めれないこともちゃんと意味がある。
    固めることでサバイバルしてこれた的な。

    なので少しずつ。
    がポイントです。

    体を少しずつ、自分のペースで緩めながら、
    睡眠やその他のことが「少しずつ」よくなっていく。

    100固まっている体を、
    一気に30や20にするのではなく、

    90でいいということ。

    極端に言えば98でいいという感じ。

    その100と98の差を味わう。

    次は96?

    そんな感じでしょうか。



  • #24

    Akira (月曜日, 06 7月 2015 12:35)

    初めまして。
    睡眠、ストレッチが難しいです。
    あまり、体が動かないので、呼吸からでも大丈夫でしょうか?
    後、あまり幸福感というものが分かりません。

  • #25

    Pomuの山口です (月曜日, 06 7月 2015 13:59)

    Akiraさん

    コメントありがとうございます。

    できることからで大丈夫ではないでしょうか?

    そして、できる範囲で、呼吸も無理にするのではなく、
    いまやっている呼吸によりそう感じで。

    深く呼吸しようとしないで。

    ストレッチであれば、無理に伸ばそうとしなくて大丈夫ですよ。

    いまの固さを感じる。

    少しずつ、がポイントです。



  • #26

    きい (火曜日, 04 8月 2015 11:05)

    1つめの動画見て納得しました。私は今が苦しい状態なのにカウンセリングで話すたびに悪化しました。
    2つめ3つめ見たいのですがみれません。どのようにすればよいのでしょうか。2つめ3つめはクリックしてもうごきません。
    宜しくお願いします。

  • #27

    ぽむの山口です (火曜日, 04 8月 2015 12:30)

    コメントありがとうございます。

    2つ目の動画のご案内メールは数日後に送られるようになっています。

    理由は、それまで動画1の内容を実践するための期間です。

    何か1つでも実践することで、
    2つ目の動画で実践することが
    さらに深まるかもしれません。

    今後ともお楽しみに。



  • #28

    こころのままに (水曜日, 02 9月 2015 20:53)

    はじめまして
    京都でカウンセラーをしております。
    つらいトラウマから抜け出せず苦しんでいるクライエントさまのお力になりたくてSEやポリヴェーガル理論を調べているうちに山口様のブログにたどり着きました。
    このような内容の動画を無料で提供されている姿勢にとても感動し興味深く拝見いたしました。
    No.2も楽しみにしております。
    よろしくお願いいたします。

  • #29

    Pomuの山口です。 (木曜日, 03 9月 2015 17:32)

    こころのままにさん

    メッセージありがとうございます。
    確かにトラウマ回復についてはポリべーガル理論は
    役立ちます。

    海外のどのトラウマ関係の講座に行っても
    この理論を応用されています。

    トラウマワークなどに興味があるのであれば
    今後また近いうちに、ワークショップなどの
    ご案内などもしていきます。

    今後ともお楽しみに。


  • #30

    なっちゃん (日曜日, 13 9月 2015 09:06)

    こんにちは。
    カウンセラーとして、トラウマを抱えるクライエントさんの援助をもっと確かなものにしていきたい思いで、山口さんのホームページに行き着きました。
    ですが、動画を拝見し、私自身が長年抜け出せずにいる心の課題を克服するヒントにもなると、強く感じました。
    ぜひ、直接山口さんのセッションも受けてみたいです。
    No.2、楽しみにしております。
    ありがとうございました。

  • #31

    山口です (日曜日, 13 9月 2015 09:34)

    なっちゃんさん

    コメントありがとうございます。

    自分自身の課題とクライアントの援助の両方が大事ですね。

    私自身もその2つを大事にしています。

    神戸ですが、対面でもスカイプでもセッションしています。

    男性専門となっていますが、大丈夫です。
    様々な方が受けられています。
    http://www.pomu.info/


    次回の動画もお楽しみに。


  • #32

    fe (日曜日, 13 9月 2015 20:27)

    私に通ずる部分が多々あり、他のアルコール依存性のビデオでは語られないところが勉強になりました。また拝見致します。

  • #33

    Pomuの山口です。 (日曜日, 13 9月 2015 20:34)

    feさん

    コメントありがとうございます。

    YOUTUBEのビデオは短いのですが、
    こちらのビデオはもう少し掘り下げてます。

    また次回をお楽しみに!

    私のしゃべるテンポが遅いと感じられるかもしれませんが(笑)





  • #34

    yu (日曜日, 22 11月 2015 08:37)

    はじめまして。
    20年以上前のトラウマ体験が現在の生活にも色々影響していることを実感しつつ、その都度カウンセリングにも通ってきましたが、生きていくことが辛いという感覚は強くなったり弱くなったりしながらも自分の中にあり続けています。

    ここ1〜2年は、規則正しい生活を心がけるようになり、早寝早起きで朝食をゆっくり摂るようにしたり、週2,3回ですが女性限定のジムで身体を動かしたりすることで少しずつ穏やかな日々を送れるようになってきました。動画を拝見して、進んでいる方向は合ってるのかなと思うことが出来、心強く感じました。

    この後は、対人関係のテーマに取り組んでいくことになるのかなと思っています。再び親密な人間関係を持つ、というのは自分にとっては高いハードルになりそうですが、自分の中にそうしたニーズが生まれていることを大切にして、ゆっくり取り組んでいけたらと思います。

    次回の動画も楽しみにしています!ありがとうございました。

  • #35

    ぽむの山口です (日曜日, 22 11月 2015 20:55)

    Yuさん

    コメントありがとうございます。

    よかったですね、穏やかな日々が送れるようになって。

    おっしゃる通り、内面が落ち着いてくると、
    その次のステップとして、人との関係が
    テーマになることもよくありますよね。

    親密な関係を育てていくとき、
    どのようなことが邪魔するのでしょうか?

    どのような反応があるのでしょうか?

    そのニーズを満たせる方法が見つかるといいですね。

    また次回の動画で。



  • #36

    Nacky (日曜日, 29 11月 2015 14:33)

     初めて、第1回目を観ました。

     20代半ばから、。59歳になるまでずーっと「うつ」を抱えながら生きてきました。心療内科やカウンセリング・~療法など断続的に受けながら、仕事(公務員)は何とか続けて(2回休職しましたが)おります。ただ、常時、いやな感情を伴ったに過去のこと(特定の場面ではなく)が、たくさん支離滅裂に思い出され、苦しい日々は、変わりません。

      先生の1回目の動画で、「客観的に自分を感じてゆく」ような方法はやってみたいと思います。

     もう、1度は観るつもりです。

     ありがとうございました。

  • #37

    Pomuの山口です。 (日曜日, 29 11月 2015 20:11)

    Nackyさん

    メッセージありがとうございます。
    ずっと頑張ってこられたのですね。

    嫌な感情もそうですが、
    特に、いい感覚、ちょっとした時に

    ホッとできた、
    何かをすると安心する感覚、
    嬉しい

    などが感じられた時に、
    じっくりひたる、味わう、
    1秒より、5秒、10秒、
    数分と増やしていくと、

    どんどんリソース(体の心地よい感じ)
    が育っていきます。

    そうすることで、過去の嫌な感じが
    薄まっていくことがよくあります。

    次回の動画でも、過去の嫌な感じが
    減るヒントを見つけることができるかもしれませんね。

    また教えてください~。




  • #38

    ぽてこ (土曜日, 23 1月 2016 14:28)

    カウンセラ-のお仕事をしています。
    自殺で大切な人を失った方に多くお会いします。
    私自身も人に裏切られたと感じる経験から病気になったことがありましたが、リソ-スを育てることが、(最初は半信半疑でしたが)とても役にたちました。
    大好きな人がよく着ていたブル-のダウンジャケットの色、肌触りを思い出して、それに包まれているイメ-ジが強迫的な不安を落ち着けてくれました。
    大事な人を失ったこころの穴はリソ-スに気づき受け入れていくことで埋められていくように思います。
    山口さんのおっしゃった数秒からというのも参考になりました。
    数秒でも幸福であることが怖いですから。
    今ここの数秒からですね。ありがとうございました。

  • #39

    Pomuの山口です (土曜日, 23 1月 2016 14:36)

    ぽてこさん

    コメントありがとうございます。
    大きな悲しみを抱えた方とのカウンセリングは
    大変ですね。

    人それぞれのリソース、ここちよさがあるので
    そこに支援者が焦点を合わせていくのがとても
    大事だと実感しています。

    10秒ルールというのがあるように、
    ある程度、いい感覚を感じてこそ、
    脳に、「これはいい体験だ」と記憶されるようです。

    もちろん、トラウマが大きければ、まずは2,3秒くらいから
    でも十分だと思います。

    また次回の動画もお楽しみに!



  • #40

    kuro (土曜日, 30 1月 2016 11:35)

    小さなトリガーで強烈なFBがきて、何度も死にたくなってしまいました。私の場合は、聞いたり見た言葉に強く反応してしまい、言葉から気持ち悪くなったり、否定的な思考が強く押し寄せてきて、苦しくなったり、恐怖感、自分は死んだほうがいいと感じて、このままでは本当に死んでしまうと思い、トラウマ治療を模索しているなかで、見つけました。
    自分自身の体験によるトラウマも抱えているのですが、一つ疑問なのは、人から聞いた事実で、凍りつくような感情を抱いてしまい、(聞いたことがすごくショックだった)そのことに関係した言葉を聞くと気持ち悪くなり、苦しくなる、話した人を見ても思い出して気持ち悪くなる、というのも、FBというのでしょうか?自分が体験したことではないので、これは、なんなのかなと思っています。
    男性専門ということで、見てもいいのか恐る恐るでしたが、どうしてもFBを減らしたくて、見てしまいました。コメントから様々な方も見ていることを知り、安心しました。
    先生が押し付けがましくなく、サバイバーの気持ちに配慮されて優しく語ってくださっていて、しかも、わかりやすくて、少し希望がもてました。自分の場合は単発的なものでないので、時間がかかるかも、ということを知り、悲しくなりましたが、FBがなくなってほしいです。
    次のビデオも楽しみにしています。

  • #41

    ポムの山口です。 (土曜日, 30 1月 2016 12:21)

    kuroさん

    コメントありがとうございます。
    何とかしようと模索していること、素晴らしいですね。

    FBなのでしょうか?ということに対してですが、
    FBだと思います。

    映像がわかりやすいFBですが、音や声、感覚、
    におい、などもFBに含まれます。

    kuroさんが、「あることを聞いて、凍り付いた」
    というのがトラウマ的な経験ではないでしょうか。

    トラウマからくるFBは、「どのように反応したか?」
    ということが関係していて、

    それが、一見トラウマ的なことでなくても、
    その時の反応が意味を持ってくる。

    凍り付いた。という。

    あきらめなければFBは必ずよくなります。
    多くのクラアントさんを通じて、そう思えます。

    この動画シリーズだけで、
    ある程度よくなるかもしれませんし、

    よくならなかったら、セッションを
    受けてみてはいかがでしょうか?

    ではまた次回の動画で。





  • #42

    kuro (日曜日, 31 1月 2016 23:36)

    山口先生、
    すぐにお返事をくださっていたのですね。ありがとうございました!!気が付きませんでした。すぐに助けが差し伸べられて、すごく嬉しくて泣きそうになりました。FBなんだとわかって、うれしかったです。PTSD関係の記事やFBについて調べていても、大多数が自分自信の体験のことについて書かれていて、自分の症状はなんなのかが自分でわからないことがすごく苦痛でした。わからなければ、対処のしようがないからです。「その時の反応が意味をもってくる」という説明でよくわかりました。
    自分自信の体験によるトラウマやFBは薄くなるかもしれない、と思えたのですが、人の話しを聞いたことによる、FB的なものはなんだろう?とわからなくて、苦悩していました。
    話してくれた人の動機はいいもので、その人の過去のことですが、私はそれを聞いた時に凍ってしまいその時は平静を装ったのですが、そのあとしばらくして震えが止まりませんでした。ショックと気持ち悪さで落ち込みましたが、しばらくなんとかやっていくことができました。その後再びもともとの自分のトラウマが深まることが生じてしまい、それ以来、その人に聞いたことが主にFBしてくるようになり、苦しさで涙がとまらないことが長期間続きました。このようにいろんなトラウマが絡むことってあるのでしょうか?
    もともとの20年以上前の自分の体験の傷が深まったのに、なぜ、最近の人に聞いたことがFBするのでしょうか・・・。FBの相乗効果?みたいなのがあるのでしょうか・・・。

    その人を見ていても、気持ち悪い時とそうならない時があります。すごくいい人なので親しさを感じることもできます。どちらかというと、その人と会っていないときにFBがすごく生じます。なぜなんだろう。。。?関係を切りたくないので、できれば、親しさだけを感じたくて、FBによる気持ち悪さを感じたくありません。どうしたらいいのでしょうか。。これは、可能なのでしょうか。気持ち悪さを感じてしまう自分にも罪悪感を感じ、相手にも悪いと感じ、すごく苦悩してしまいます。頭では過去のことだと理解して流さないといけないことだと思えるのに、なぜ、感情が制御できないんだろう・・・。
    そして、聞いたことは、私の知らないかなりの過去のことなのに、聞いたショックなことが、なぜか、自分に生じている(されている)ように感じてしまい、すごく苦しいです。これも、FB的なものなのでしょうか・・・自分が体験したことでないのに、脳の錯覚なのか、不思議な現象で、これも苦しいです。
    災害を体験していない子供が大災害の惨状を目にするだけでPTSDになるのと似ているのでしょうか・・・。私は敏感すぎるのでしょうか・・・?

    PTSDについて調べているときに、ある人の相談を読みました。
    「元夫にDVを振られていた妻が最近FBがひどくPTSDのようになっていて、結婚しているということで過去を思い出してしまい辛いから発作がおきると離婚をせまられる、でも自分は離婚に反対で喧嘩になり、妻は落ち着くと、別れないでいてくれてありがとうと言ってくる、でもその繰り返しで心身疲れ果てました」という今の夫からの相談でした。このようにある意味、「結婚している」ということが、PTSDの症状の「回避」になっている場合、どうしたらいいのでしょうか・・。回避しているものに、徐々に慣らしていくという治療法もあるようですが(エレベーターで犯罪にあった女性に少しずつエレベーターに慣れてもらうというような)これは、山口先生からみて、効果的ですか?ある意味、この人の夫は助けを与えていて癒しになっているのと同時にFBの原因にもなっている。。すごく、難しいです。私も似たような状況に陥っていて、よく混乱しています。

    すみません、、、質問ばかり、というか、相談になってしまって。。。誰にも相談できなくて、苦しんでいます。。。




  • #43

    ポムの山口です (月曜日, 01 2月 2016 11:42)

    kuroさん

    返信ありがとうございます。

    徐々にならしていく療法、暴露療法のことですよね。

    基本的に、効果がない、というか、
    悪くなる、とも思っています。

    すべてが悪くなるというわけではなく、
    他にもっと効果的な技法があるので、

    わざわざ悪くなるかもしれない療法は
    使わない、ということです。

    欧米でも、日本でも、暴露療法的な流れと
    身体指向の流れの、

    2つがある、ある意味ちょっと対立しているような、、、

    回避するのも意味がある、
    それにわざわざひたりすぎる意味がよくわからない、、、

    あとは、
    FBの理由を知りたくなるのは
    よくわかります、、、

    ただ、理由がよくわからないことも
    多いので、

    「今」の感覚、いい感覚、心地よさ、
    ほっとできる感じ、

    その辺に意識を向ける、

    地味な感じがあるかもしれませんが、
    実践しいくことで、

    何かが変わってくると思います。
    kuroさんのペースで。





  • #44

    高橋一枝 (月曜日, 08 2月 2016 00:47)

    様々なカウンセラーさん、病院に通い、10年経ってよくやく良くなってきたのに、DV加害者と偶然会ってしまい、フラッシュバックが酷くなり、もう良くはならないと諦めてました。主人にも「いつも病気だ」と言われ、もうダメだと思ってました。主人とは私のフラバで心身ともに疲れてしまい離婚をすることになったけれど、子供のために母である私がきちんとリソースしてフラバを減らしていこうと思えました。

    今まで「話すこと」をしなければ良くならないと言われてきたので、無理に話さなくていい、今の神経状態の問題を考えればいいと思ったら、とても楽な気持ちになれました。

    この動画に出逢えてよかったです。

  • #45

    ぽむの山口です (月曜日, 08 2月 2016 15:12)

    高橋さん

    コメントありがとうございます。
    ずっと頑張ってこられたのですね。

    やりぬく力は高橋さんのリソース、資源、強みですね。

    無理に過去のことをほじくって、話す必要はなく、
    今のいい感覚、今ここ、に意識を向けることで
    だいぶ楽になってくると思います。

    また次回の動画お楽しみに!


  • #46

    ptsd (土曜日, 13 2月 2016 17:37)

    パニック発作がひどくなりましたが

    この動画は 登録料などはかかりますか?

  • #47

    ぽむの山口です (日曜日, 14 2月 2016 00:02)

    ptsdさん

    コメントありがとうございます。

    この動画は無料です。

    パニック発作がひどくなったのは
    この動画を見たから、ということでしょうか?

    もし、そうであれば、
    あまり無理に観ないでくださいね。




  • #48

    今枝高幸 (金曜日, 01 4月 2016 00:08)

    僕は愛知県一宮市に住んでいる42歳ですがトラウマで17年くるしんでいて
    メンタルクリニックの薬を飲んで居るんですが今だに治っていなくて
    いつ完治するか解らないままずるずる引っ張られてじれったい思いをしているんですが
    薬で治るんでしょうかちなみに移動困難で障害者手帳を持っている状態です

  • #49

    ぽむの山口です (金曜日, 01 4月 2016 00:40)

    今枝さん

    コメントありがとうございます。

    確かに薬だけでは治らないかもですね。
    薬はその場しのぎとうか、

    その時症状を抑えるものだけなので、、、

    また2回目の動画を観て実践して頂いて
    教えてくださいね。

    もちろんスカイプセッションをご希望であれば
    お引き受けします。




  • #50

    みみ (金曜日, 08 4月 2016 12:08)

    1回目の動画を拝見しました。精神科で子どものトラウマ治療を専門におこなっています。治療は子どものCBTをベースにしたものです。「トラウマ、身体、治療」のキーワードでサイトを見つけて、視聴を申し込みました。分かり易かったです。次の動画も含めてこれから全部見せていただこうと思っています。

  • #51

    ぽむの山口です (金曜日, 08 4月 2016 14:38)

    みみさん

    コメントありがとうございます。

    こどものトラウマ治療、
    とても大事なお仕事ですね。

    CBTをベースにされているものに
    ソマティックなアプローチが
    プラスアルファになると幸いです。

    みみさんの意欲が伝わってきます。

    ありがとうございます!

    また次回の動画でお会いしましょう。



  • #52

    green (火曜日, 26 4月 2016 12:28)

    フラッシュバックは長く続いていますが、これがフラッシュバックなんだと
    わかるようになったのは割と最近です。
    話したくないとか、気持ちが自分にばかり向いてしまうことが嫌になります。
    動画を拝見しましたが、とても丁寧に、やさしくお話してくださっていて、
    リソースをつくるということがとても勉強になりました。
    深呼吸をする時間をとって、呼吸に集中することから始めています。
    なかなか集中できないのですが・・^^;
    次回の動画も早く見せていただきたいです。

  • #53

    ぽむの山口です (火曜日, 26 4月 2016 13:32)

    Greenさん

    コメントありがとうございます!

    これがフラバなんだ、と気づけることで
    変化していきそうですね。

    あまり無理に呼吸を頑張ろうとしすぎないで
    くださいね。

    まずは、周りをゆっくり観る
    ことから始めるのもいいかもです。

    そして、少しずつ体をストレッチしたり、
    リソースになるようなことをしたり、

    そうすると自然と呼吸もゆったり
    してくるので。

    また教えてくださいね。




  • #54

    TU (木曜日, 19 5月 2016 12:14)

    わかりやすい動画をありがとうございます。

    トラウマ治療は何をするのか、ということが
    簡潔に説明してくださっていて、わかりやすかったです。

    カウンセラーをしていていますが、トラウマ治療専門ではありません。
    「話す=放す」こと、という視点もありますが、
    このことが有効に働くには、その人の抱えている問題の質を見極めたり、
    タイミングが大事であると思います。
    山口さんの動画を見ていて、納得いたしました。

    他の方のコメントも読ませていただきますと、
    「リソース」を育む、ということが大変であるとと同時に、
    それでもトラウマ治療の場合には、やはりそこが大事なのですね。

    次回の動画も楽しみにしています。












  • #55

    山口です (木曜日, 19 5月 2016 14:35)

    TUさん

    コメントありがとうございます。

    この動画を撮ったのは、
    カメラの前での話し方に

    まだ慣れない時で、
    今見ても恥ずかしくなります。

    それはさておき、
    納得がいったとのことで
    よかったです。

    タイミング、
    何をどのタイミングでやるのか?

    トラウマケアにはとても大事です。

    また次回の動画で!






  • #56

    ひとみ (木曜日, 16 6月 2016 12:05)

    山口先生 いつも、ありがとうございます。

    とても独特の方法?で、変だ!と言われそうで
    発表するのを躊躇っていたのですが
    リソース
    わたしの場合、能舞台に立つときのあの感覚、雰囲気
    もっと詳しく書くならば
    禅の言葉に「カミソリの刃の上を裸足で歩く感じ」
    これを意識すると、いつも身体も心もシャキーンとし
    気持ちよくなり、身体もくるくると遊ぶように動けるようになりました。

    それまでは、なぜか?心も身体も重く、やる気が出ない日々が多く
    さらには、そんな自分を毎回責めまくる日々でした。

    でも
    この意識を、習慣化しましたら
    過去、苦手だった人とバッタリ会ったとしても
    過去、苦手だった人と一緒にいても
    まったく気にならなくなりました。
    また過去の悲しい思い出や、辛かった思い出を思い出してみても(敢えて)
    まったく違う発想になります。
    あ・・あの体験のおかげで、リソースに帰ってこれたんだなぁ・・感謝 とか。
    あ・・あの体験がなかったら、今のリソース三昧の日々はなかったなぁ・・感謝 とか。
    さらには毎日、なぜかウキウキしている毎日です。

    こんな風になっていきました。
    さらには、あの過去の自分が
    なんとも薄れていっているかんじさへあります。

    前に先生にセッションしていただき
    こんなんでもいいのでしょうか?と聞くことができ
    さらには先生に いいですよ〜
    と言っていただいたので
    今は、さらに安心してリソース三昧の毎日です。

    感謝




  • #57

    ぽむの山口です (金曜日, 17 6月 2016 18:45)

    ひとみさん

    コメントありがとうございます。

    こころとからだが「シャキーン!」

    いいですね~。

    自分自身の在りようが変わると、
    気分も変わり、

    対人関係まで変わる、、、


    教えて頂いてありがとうございます。

    また次回の動画で!





  • #58

    ひろ (木曜日, 04 8月 2016 00:22)

    動画を配信していただき感謝です!
    喜びを感じるとあったので僕が考えた方法が
    例えばある女子に好意を持たれる+その女子から腕を組まれる+抱きつかれる+告白された
    とそういった感じで今までの複数の思い出を関連してノートに書いて発言したら、今めちゃくちゃ幸せだと感じることができました 

    でもこの方法で合っているか心配です
    この方法はいい方法ですか?

  • #59

    ぽむの山口です (木曜日, 04 8月 2016 00:24)

    ひろさん

    コメントありがとうございます!

    この方法でいいと思います。

    心から幸せ!って感じることができたの
    ですよね。

    ならOKです。

    また色々探求してみて教えてください。






  • #60

    みん (月曜日, 29 8月 2016 21:54)

    初めて、きちんと見させていただきました。

    2番目の動画がわかりやすかったです。
    毎日スマホに数字や気分を書き入れています。
    昔の事と今を行き来するのはもう疲れ切りました。
    普通になりたいです。

    今も、なんでかわからないけど急にムカついて息が苦しく動悸がして泣き叫びたい気分になりました。
    なんでそんな気持ちになったのか全く心当たりがありません。

    こんな毎日から脱出したいです。

  • #61

    ぽむの山口です (火曜日, 30 8月 2016 16:39)

    みんさん

    コメントありがとうございます。

    数字を書き入れるの、いいですね~。

    普通な感じで毎日を過ごされたいのですね。

    また色々教えてくださいね。




  • #62

    シンヤ (金曜日, 02 9月 2016 11:41)

    援助者です。

    「普通に」「穏やかに」暮しらしたい。サバイバーの切なる願いが叶うようお手伝いをしていても、うまくいかずもどかしい思いを抱くこと多々です。

    今回の映像はそんな自分に「何より基本的なことを大切にする」ことの重要性を思い出させてくれました。うまくいかない焦りで、いつの間にか基本の大切さ見失っていた気がします。

    基本に立ち返ることのできる貴重な機会をありがとうございます。次回以降、さらに期待しています!

  • #63

    ぽむの山口です (火曜日, 20 9月 2016 15:47)

    シンヤさん

    コメントありがとうございます。

    返信がかなり遅くなってしまいすいません。
    たまたまこのページを観た時にコメントに気づきました。

    基本を再確認することができてよかったです。

    私も基本に立ち返り、一歩一歩やっていきます。

    ありがとうございました!





  • #64

    しばー (木曜日, 09 2月 2017 02:17)

    初めまして。
    婚約者がフラッシュバックやトラウマで苦しんでおり、色々調べてるうちにこの動画に辿り着きました。近々本格的にカウンセリングを受け始めるのですが、初めてフラッシュバックに襲われている姿を見て何か手助けが出来ないかと思い動画を拝見しました。
    リソースを築くには睡眠・食事・呼吸・ストレッチが大事と言うことでしたが、婚約者には睡眠障害があり最近は食事を摂ることも困難状況です。
    どのようにして、質の良い睡眠と食事を摂るようにすればよろしいでしょうか?
    少しでも苦しみを軽くさせてあげれればと思います。

  • #65

    ぽむの山口です (木曜日, 09 2月 2017 02:24)

    しばーさん

    コメントありがとうございます。

    大事な方がフラバで苦しんでいると
    何とかしてあげたくなりますよね。

    今回のビデオでも睡眠とか食事の話もありましたが、
    無理にどうこうしなくてもいいと思います。

    婚約者にとって心地いいこと、何でもいいです。
    映画が好きならば、映画を見て、話して。

    その人にあわせて、ここちよい、と感じる
    ことをサポートしてあげれば、、、

    ただ、回復するのは本人なので、
    あまり無理なさらないでくださいね。

    あとカウンセリングですが、
    過去のことを「話すだけ」の
    カウンセリングはおすすめしません。

    ちゃんとトラウマの専門家にみてもらうのが
    いいと思います。

    そして、2つ目の動画で、覚醒状態を、ただただ
    観察する話をしますので、

    実践できれば、フラバ減ることがよくあります。

    また教えてくださいね。




  • #66

    さくまま (月曜日, 15 5月 2017 09:51)

    こんにちは。
    22歳の娘が拒食症と言える状態で、何か症状が改善出来る方法を探していたら、こちらの動画にたどり着きました。
    娘は将来やりたい事のために、とりあえずお金を貯めないといけないので仕事をしているのですが、何かとストレスもあるようで、仕事の合間に食品を買い、蓋を開けてみるとお金を貯めるどころか使い果たしている…という状態です。本人と話すと、お腹が空いてるわけでは無いけど…、これじゃあいけないとボトルガムを買ってそれでなんとかしようと思った事もあるけど…と自分でもコントロール出来ない見たいです。
    動画を見せて、メーリングリストを少し読んで、共感する様子もありましたので、次のビデオも見せていただければ何かしら、本人にプラスになるのではないか、私も働きかけ方に悩みつつ日々やっており、私自身は娘に当てはめてみて、何かと共感することばかりなので、日々の働きかけの指針にもしたいと思っております。本人がコメントするのが良いと思うのですが、本人がそこまでの状態ではないので私がコメントしています。よろしくお願いします。

  • #67

    さくまま (月曜日, 15 5月 2017 09:53)

    すいません、拒食症ではなく、過食症でした。訂正です。

  • #68

    ぽむの山口です (月曜日, 15 5月 2017 11:39)

    さくままさま

    コメントありがとうございます!
    娘さんのこと心配ですよね。

    まず、将来やりたいことがある、
    ということ素晴らしいと思います。

    過食症のコントロールも大事ですが、
    まずは、娘さんのいいところを大事に
    していくのも、間接的に過食症が
    よくなったりします。

    やりたいことがあること、
    心からここちよいと感じれること、
    好きなこと、
    リラックスすること、

    などを大事にしてもいいかもしれません。

    あとは、過食をやめようやめようと
    頑張り過ぎず、

    過食するパターンを観察するのは
    どうでしょうか?

    過食する前の感じ、
    過食してる時に
    客観的に自分をみる
    食べている時に
    部屋をぐるっとみる。

    お母さんと一緒に食べてみる、、、

    あまり無理はなさらないでくださいね。

    また次回の動画で。




  • #69

    さお (土曜日, 27 5月 2017 22:08)

    初めまして。私は、対人恐怖と鬱とパニック障害で悩まされております。

    パニック障害は、大好きだった習い事をある事情のため辞めなくてはならなくて、気持ちを吐き出す場所がなくなってしまったこと、
    それから、ちょうどその時期に大好きだった彼に振られてしまったことが原因なんじゃないかなと思っています。

    私はフラッシュバックというものがありません・・。多分かい離?してしまってるというか。
    怖かったことは思い出せないようになっているのでしょうね。
    なのですごく厄介だな・・と思っています。

    興味深い動画をありがとうございました。

  • #70

    ぽむの山口です (土曜日, 27 5月 2017 23:53)

    さおさん

    コメントありがとうございます!

    フラッシュバックもそうですが、
    解離、マヒしている状態といいますか、
    あまり感じない、

    ということも次回の動画で
    話してますので、
    参考になればうれしいです。

    解離も、ある意味自分を守る
    大事なスキルというか、戦略ですね。

    怖かったことを全部いちいち覚えていたり
    感じていたら、辛すぎますよね。

    また教えてくださいね。



  • #71

    まいこ (日曜日, 20 8月 2017 09:07)

    はじめまして。フラッシュバックに悩まされて約7年。以前はそれほど酷くなかったフラッシュバックですが、最近は酷く毎日涙が出てきます。病院へ行きましたが、具体的な病名がわかりません。と言われました。自分でネットで調べフラッシュバックに効く漢方薬を飲んでいますが、一時よくなるも再び酷くなっきました。もう神頼みしかないと思っていたら動画を発見しました。動画の投稿本当にありがたいです。少しずつ頑張って行きます。

  • #72

    ポムの山口です (日曜日, 20 8月 2017 11:41)

    まいこさん

    コメントありがとうございます。

    辛い日々が続いているようですね。

    ポイントは、

    1、フラバになった時、いつもと違う対応をする

    例えば、下を向いてうずくまるなら、周りをみて
    体を起こす。

    2、次回の動画の覚醒レベルをモニターする

    今覚醒してきているなぁ~とか
    ちょっとだけ落ち着いてきたな~、というように。
    次回の動画を参考にして頂けたら。

    3、リソースに触れる

    一番大事なのが、まいこさんの、こころとか体が心地いいと
    思うことをする、感じる。自然が好きとか、
    音楽が好きとか、依存的なことではなく、
    こころからちょっとでも心地いいと思えることにひたる
    時間をつくる。


    どんな状況かもわからずに、ながながとすいません。

    参考までに。