怒りを解放する方法で間違っていませんか?

 

 

 

トラウマセラピー専門家の山口です。

 

 

今回は、怒りを減らす方法について。

 

 

怒りのエネルギーは前に行きます。自分を守るために。自分を主張するために。そのエネルギーを生きる力、成長する力に変えていけたら、素晴らしいですよね。

 

 

その方法の1つとしてボディーブレード!筋トレのやつ(笑)どのようにそれを使って怒りを解放させる怒りを減らすのか?ソマティック心理学のアプローチのやりかたです。

 

 

トラウマを抱えていると強い怒りがコントロール効かないこともありますよね。

 

 

動画でデモンストレーションをやっています。とっても簡単なのでお試しくださいね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

もう一つ大事なのが

 

怒りを抑圧している人を解放する方法で、

よくある間違いをお伝えします。

 

 

 

 
やっぱり
順番が命!
 
大事だとつくづく思う。
 
 
怒りを解放する方法。
 
 
怒りを抑圧している
のを解放する方法。
 
 
順番。
 
 
もちろん
クライアントに合わせて
というのが前提にあります。
 
 
まず、
 
1.怒りを出してはダメ
というビリーフを少し
緩める。
 
 
2.怒りの奥底にある
感情に向き合う。
 
 
3.バウンダリーを
身体的にやる。
ゆっくりやったり
ハードにやったり。
 
 
4.自分のスペースを
もつ体験。
 
 
5.他人との距離感
のワーク。
 
 
6.しっかり押す
体験をする。
 
ボディーブレードつかったりも、、、
 
 
7.健康的な怒りを
出すワーク。
 
 
8.言語レベルでの
バウンダリーワーク。
 
 
 
という感じで、
 
ようわからん!
 
と言われそうですが、、、
 
 
 
 
こんな感じで
 
やっていくのが、
効果的なことが「よくある」
 
 
 
 
簡単な所では、
 
 
怒りは出してはダメ!
 
というビリーフが強すぎたら、
 
 
押すワークやっても
無駄です。
 
罪悪感とかハンパないので。
 
 
 
 
例えば、
お化粧もそうですよね。
 
 
ファンデーション塗って
から化粧水塗りません!
 
 
 
食事でも。
ステーキ食べて。
デザート食べて~。
前菜食べる~。
 
そして、
最後に食前酒。
 
 
 
って食前酒じゃなくなってるし(笑)
 
 
 
でもセラピーなんかでは、
順番むちゃくちゃな
話もよく聞きます。
 
 
えっ、このような状態の
人に、チャイルドワーク?
 
 
前のカウンセラーと
やったの?
 
と仰天することも。
 
 
 
もうチャイルド
 
しばらく
出てきてくれない。
 
 
無理やりやると
そういうことに、、、
 
  
 
悪気がなくても、
間違っていると
いみがないように、、、
 
 
もう一回お伝えすると、、、
 
怒りを出してはダメというような
ビリーフが強くあると
プッシュするような身体のワークをやっても、
解放されません。
 
  

これがよくある間違い。(もちろん、個人差はございます)

 

 

その表現してはダメ!が解放されたら、、、

 
 
次は、手を前に出して、ここは僕ちゃんのスペース、
ってやる(笑)なぜかって?
それがこどもの発達段階で始めにやることだから。
 
 
そして、次は、もっと激しくやる。
いやいや!っというこどもの様に。
さらに、人との距離感のワークをやる。
 
 
そして、最後に、人を押してみる。
この時もよくあるのが、
イライラした、やり返したい衝動が出てきたとき、座ったまま、
クッションを押すようなワークをやること。
 
 
ここで言いたい!
 
座ったままでは、やり返せません(笑)
しっかりと立って押し返すんです。
その時、コツがあります。
 
 

このように「順番が命」料理もそう。

いきなり野菜焼く?そして、汚れを洗う。そして切る(笑)

 
 
やっぱり、洗う、切る、焼くですよね。
それと、それぞれの工程を丁寧にやりたいですよね。
焦がしたら、ひさん(笑)
 
 
それで味がかなり変わってくる。
 
 
 
支援という料理を一緒に作りませんか?

 

 

 

怒りとバウンダリーの

講座では、
 
この8ステップ
 

すべて丁寧に体験して、

 
 
使えるように
 
お伝えします。
-------------------------------------------------
さらに、もう一つのお話。
人から拒絶されたことありますか?
 
 
その時どんな気持ちになりましたか?
 
悲しかった、、、 
怒りが出てきた、、、ありますよね。
 
 
拒絶された時、特に家族やパートナー、
必要以上の怒りが、、、なんてこともよくありますよね。
 
 
このように、もともとの家族との関係で拒絶された傷つき、
トラウマがあると、強烈に怒りが出てくることも。
 
 
なんでわかってくれないんだ~!というように。
 
 
なので、怒りを理解するには、愛着関係からしっかり理解する。
親子関係から。対人関係から理解するということ。
 
 
無人島で、、、
 
 
一人で暮らしているとする。一人で、ブチ切れてるのもないですよね(笑)
なんで一人なんだ~!っとキレることはあるかも(笑)でも基本は、キレない。
 
 
対人関係で起こってくることだから。
 
 
繰り返すと、クライアントさんの怒りを理解、解放するには、
 
対人関係
愛着関係
 
 
のフレームでみていきましょう。というお話でした。
 
 
トラウマによって溜まった闘争のエネルギーを解放することも大事。
この愛着というフレームがもう一つ、大事なことではないでしょうか。
 

最後まで読んで頂いて、

ありがとうございます。

 

 

では、次回まであなたの

心とからだをお大事に。

 

 

山口修喜

 

 

怒りとバウンダリーの講座は

以下より。

 

 

P.S.

無料と有料のオンラインセミナー配信しています。

 

 

 

 

 

 

無料オンラインセミナー

 

有料オンラインセミナー

 

対面セミナー(神戸)