やり方によって、マインドフルネスは危険。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「トラウマ症状が強い場合、マインドフルネスは慎重に。」

 

 

トラウマセラピー専門家の

 

山口です。

 

 

 

 

今回は、

 

 

マインドフルネスの危険性について。

 

 

 

トラウマ症状が強いひとは、

 

 

深く入るマインドフルネスは、

 

危険なことが、、、

 

 

 

 

 

強引に、誘導したり、

 

 

脱力を促して、

 

 

深い部分に

 

アクセスしすぎると、

 

 

 

 

つよいショックを受ける。

 

 

 

なので、

 

 

マインドフルネスは

 

深く入ってしまう、

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

 

あと

 

マインドフル状態になって

 

 

何をするのかも大事。

 

 

 

つらい記憶、

 

 

嫌な感覚に

 

気づきすぎる、

 

 

感じすぎる

 

 

意味はない。

 

 

 

 

 

誤解しないでほしい。

 

 

 

マインドフルネスを

 

セッションで取り入れるのは

 

とっても大事。

 

 

 

 

 

 

ただそのタイミングが

 

 

大事なのです。

 

 

深く感じるのは、

 

 

時に危険なのです。

 

 

 

 

 

そのためにも、

 

 

ソソースを作る。

 

 

 

体の軸を作る。

 

 

 

深く入っていける、

 

 

準備が必要ということ。

 

 

 

 

 

30メートルの海の底に

 

ダイビングするのに、

 

 

 

 

いきなり、

 

いきませんよね。

 

 

 

 

道具も必要。

 

 

耳抜きの方法?

 

 

 

 

 

ガイドもいる。

 

 

知識も。

 

 

 

 

 

苦しいときに

 

 

酸素ありません!

 

 

というサイン(笑)

 

 

 

 

準備して、

 

 

深めましょう。

 

 

 

そんなお話しでした。

 

 

 

最後まで読んで頂いて、

ありがとうございます。

 

 

 

では、次回まであなたの心と

からだをお大事に。

 

 

山口修喜

 

 

 

 

P.S.期間限定で、

無料のオンラインセミナー

 

配信しています。

 

 

下の2つよりお選びください。

 

 

 

身体志向のセラピーを第一人者3人から学ぶ

 全6回 無料動画シリーズ

 

第一人者3人のインタビューを

ご視聴できます。


 

 

 

 

 

 

フラッシュバックを減らす方法

全3回 無料動画シリーズ

 

トラウマ症状やフラッシュバックを減らす方法が明らかになります。