オンライン版

パーツ心理学

パーツさんたちと対話して

効果的なセラピーをする

方法を学ぶ講座 

第9回 男性性と女性性を統合

男性性と女性性の解説

 

9分25秒から10:00まで

最初、映像が一瞬みだれて、映像と声が少しずれています。

ご迷惑をおかけします。

 

男性性と女性性のずれがあるように、、、(笑)

 

男性性と女性性をセラピーに応用

コメント頂けると嬉しいです。

名前はもちろんニックネームでも大丈夫です。

ご自由にコメント下さい。

 

動画の感想、実践してみようと思うこと

などなど。

 

コメントをお書きください

コメント: 7
  • #1

    ぞのさん (月曜日, 05 2月 2018 11:35)

    字が小さくて、見えなかったので、残念でした。

    画面が大きくなるか頑張ってみましたが、なりませんでした。

    どこかでそれぞれの単語だけでも教えて頂けるとありがたいです。

    女性性の闇の部分が
    あまりにも恐ろしく感じるのは
    ママ友いじめに巻き込まれた
    経験のせいだと思っています。

    封印していたのですが

    女性牲の光と影の統合なんてできるのかなあと思います。

    やはり男性性と女性牲を統合させることで

    女性牲の光と影も統合されるのかなあとか思ったりもします。

    やってみます。

  • #2

    ポムの山口です (月曜日, 05 2月 2018 16:48)

    ぞのさん

    コメントありがとうございます。

    字が小さかったことですが、

    いつもスマホで観られていますか?

    PCでみると観れるかと思います。
    その場合、動画の画面を最大に拡大できます。

    最後の特典の「パーツのリスト」で
    書き出している部分もありますので、
    そちらで対応頂けたらと思います。

    女性性の闇の部分、
    少しずつみていくことで
    解放につながるといいですね。

    また教えてくださいね。







  • #3

    ぞのさん (月曜日, 05 2月 2018 22:47)

    パソコンで見てみます。
    ありがとうございました。

    EPにカウンセラーが語りかける
    バージョン、さっそく試してみました。

    効果抜群でした。

    ありがとうございました。

  • #4

    ぞのさん (月曜日, 05 2月 2018 23:59)

    何度もすみません

    パソコンでどうやってみるのでしょうか?

  • #5

    ポムの山口です (水曜日, 07 2月 2018 11:26)

    ぞのさん

    パソコンでどうやってみる?というのは
    どういうことでしょうか?

    いつものように、メールで案内がいって
    ますよね。

    そのリンクをクリックする。

    そして、観たい動画を観るという
    流れなのですが。

    スマホとかだと、字が小さくて読めなかった
    とのことだったので、

    パソコンやノートパソコンの大きい画面だと、
    その字が読めるのかなと思ったのでした。

    もし不具合など、わからないことがあったら
    ここでもいいし、

    山口にメール頂いてもOKです。



  • #6

    せきちゃん (月曜日, 12 2月 2018 12:15)

    今回の性の話は興味深かったのですが、どんな人にどういう時に最後の統合?のワークをしたらいいですか?
    実は、クライエントで、性同一性障害の方がいます。詳細は言えないのですがおそらく大きなトラウマを抱えています。普段、普通の話だけしているのですが、今回の内容は役に立つでしょうか?

  • #7

    ポムの山口です (月曜日, 12 2月 2018 19:45)

    せきちゃんさん

    コメントと質問ありがとうございます。

    最後の統合のワークですが、、、

    まず支援者自身がやることで
    成長や解放につながるかもしれません。

    クライアントさんで言えば
    使える場合はそう多くないかもしれませんが、

    例えば、女性で女性性を無視して、マヒさせて、
    男社会でバリバリ生きてきた人などには
    女性性を大事にするようなトークも
    できると思います。

    男性性も生きてくるのに
    役立った、という部分を認めて
    あげるのもいいかもしれません。

    これは男性も一緒ですよね。
    男性の中の女性性を大事にしたり
    することもできそうです。

    そして最後のワークなどもしてみると
    身体レベルでの解放がみられるかもしれません。

    性同一性障害の人との関わりで、
    男性か女性という、
    100か0かみたいな見方ではなく、

    女性の中にも男性性があって
    男性の中にも女性性があって

    両方を大事にして、
    うまくバランスよくあって、
    統合されているところを
    めざしていくのもいいかもですね。

    まず支援者自身が男性と女性という枠
    をある意味取っ払う意味でも
    今回の内容がためになったら
    幸いです。

    性というは、柔軟なもので、
    変わること、流動的なものでもある
    という視点を支援者も
    クライアントさんも共有できると
    新たな扉が開きそうです。

    ありがとうございます。





コメントの所にシステム上「ホームページ」と出てしまいますが、

 

お気になさらずに、、、コメントどうぞ。