オンライン版

自己批判

確実に減らす方法を学ぶ講座

 

 

 

全6回のオンラインセミナー

第5回

恥と姿勢

恥の姿勢を解放する

恥の姿勢を解放する 気をつけるポイント

コメントありがとうございます。

名前はもちろんニックネームでも大丈夫です。

ご自由にコメント下さい。

 

動画の感想、実践してみようと思うこと

などなど。

 

コメントをお書きください

コメント: 14
  • #1

    ぞのさん (火曜日, 11 4月 2017 14:27)

    昨日クライエントさんとのセッションで、クライエントさんの肩と胸が陥没しているように見えたので、すこしづつ
    伸ばしていくことをやりましたが、余り上手く伸びませんでした。

    山口さんの無理しないで、すこしづつというアドバイスを思いだし、突き進むのをやめました。

    恥の姿勢を承認する。

    本当に大事ですね。

    長年愛って何だろうと思って来ましたが、
    これこそが愛だと思いました。

    感動しながらきかせていただきました。

    ありがとうございました。

    次回も宜しくお願い致します。

  • #2

    ぽむの山口です (火曜日, 11 4月 2017 15:39)

    ぞのさん

    コメントありがとうございます!

    そうですね。
    まずは、その姿勢の、その感覚の、
    承認をされているのがいいですね。

    1セッションでも2セッションでも
    恥、その姿勢が役立ってきたことを
    話したりしてもよさそうですね。

    それのあとに、まずは、肩をちょっとのばしてみる
    のをやってみる。

    また次のセッションで、胸を圧迫した姿勢からのばして
    みる。

    そんな感じでお腹、

    また別のセッションで丹田から伸ばしてみる。

    ただの目安なのでクライアントさんにも
    よりますが、、、

    その間にも色々なことをテーマにやったりも
    するので、長い目で見ていってもよさそうです。

    実践されているのですね。

    嬉しいです。

    また次回の動画で!



  • #3

    MM33 (木曜日, 13 4月 2017 12:08)

    いつもありがとうございます。
    質問ですが、毒恥の反対側のラインにあった自己愛の強いクライアントさんの場合、
    姿勢が前傾の方もいらっしゃれば、逆に過剰に胸を張っている方もあるように思います。
    (肩だけ上がっている方や、肩も上がらない方など・・)
    胸を張りすぎの方に、今の姿勢を承認したうえで、
    少しずつ感覚や感情を感じていくためにできる
    姿勢のワークがあれば、教えて頂けないでしょうか。
    毒恥の姿勢の逆?をすればいいのでしょうか・・??

  • #4

    ぽむの山口です (木曜日, 13 4月 2017 17:28)

    MM33さん

    そうなんです。

    自己愛の方に行けば行くほど、
    胸を突き出して、

    時にマッチョで、、、

    いますいます。

    ビジネスマンとか、社長とかにも
    いますね。

    トランプ大統領とか(笑)

    まさしく、上半身肥大型といいましょうか。

    その人への対応も、
    ある意味、原理原則は同じですね。
    毒恥と。

    その部分を認める。
    頑張ってこられたんですね~。
    というように。

    そして、肩の力をちょっと抜いてみる。
    その次は、胸を張っているのを
    ちょっと弱めてみる、、、

    そうすると「怖さ」が出てくることもあります。

    胸を張って強気で頑張っている人に
    とって、それをやめると
    弱い自分になったような感じがあるかも
    しれません。

    ポイントは少しずつ。

    抵抗が出てくれば、認めて
    サポートしていく。

    こんな感じでいかがでしょうか。

    とっても鋭い、
    いい質問でした。

    ありがとうございます。




  • #5

    せきちゃん (火曜日, 25 4月 2017 11:09)

    固まったままでこちらがどうしていいか?わからない時が時々あります。会話をしようにも、うなづくくらい。このような人の姿勢を変えてもらうのは、慎重にした方がいいと思うのですが、山口さんはリソースの話をしながらと言うようなやり方を言われていました。と言うことは、これをやる前にリソース構築を十分やっておく必要があると言うことでしょうか?あなたは、こんなリソースがありますね、と言いつつ動かしてみませんか?とか。あるいは、少しでも肩が動かせたとしたら、その動きをできましたね、と返し、どんな感じですか?と問うのは、それができたのは、あなたのリソースですね。と言うようにこちらが意味づけして関わっても良いでしょうか?

  • #6

    ぽむの山口です (火曜日, 25 4月 2017 12:15)

    せきちゃんさん

    質問ありがとうございます!

    そうですね。おっしゃる通り、まずリソースでは
    ないでしょうか。

    それも時間をかけて、普通の日常の話をしたり、
    その方が好きなことなどゆっくり。

    地味ですが、これしか方法はないのかと、、、

    そして、リソース講座にもあったように、
    身体のリソースを深めていく。

    グラウンディングやいい感覚にちょっとだけ
    ひたってみたり。

    立ってセラピーやる時もあってもいいかもですね。
    あとは、支援者側が「何かしようとしない」
    というのがいいかもしれません。

    ただ、うなずきたいクライアントによりそう。
    結構大変と感じられる支援者もおられるかもですが。

    まだ肩を動かしてみない、このじてんでは(笑)

    そのあと、その固まった姿勢のままでいいですよ、
    などと言いながら。

    この姿勢が、いままで役立ってきたと思うのですが
    いかがでしょうか~?

    変えようとすると、抵抗がおこって、
    余計に変わらない。

    固まりをほぐそうとすると
    余計に固まる。

    時間がかかるかもしれませんが、
    以外にこういうやり方が、
    最速かもしれません。

    そのあとくらいあに、
    肩を動かしてみたり、
    姿勢をのばしてみたり、

    というながれでしょうか?

    もちろん、その時々で
    対応は変わってきますが、

    私だったら、、、

    という流れを書いてみました。

    参考になれば
    うれしいです。







  • #7

    せきちゃん (土曜日, 29 4月 2017 09:43)

    こちらが何か関わって変わるのを手伝おうとしていたかもしれません。固まっていることが実は役に立ってきたかもですね。というのは、至言。こちらの問題だなって反省しました。ありがとうございます。

  • #8

    ぽむの山口です (土曜日, 29 4月 2017 11:48)

    せきちゃんさん

    コメントありがとうございます。
    あらためて気づきがあったようでよかったです。

    やっぱり、目の前で固まっているクライアントさんを
    みると、何とかしなきゃって感じますよね。

    私も、あらためて、そうだそうだ、リソースだ。
    役に立ってきたんだ、と気づかされます。

    また教えてくださいね。
    ありがとうございます。




  • #9

    MO (土曜日, 06 5月 2017 23:56)

    今回も、ワークでいろいろなことを体感しながら楽しく学ぶことができました。
    ありがとうございました。

    そして、恥の姿勢にも、いかなるパーツにも、存在している意味があるのだから、いきなり変えようとするのではなく、まずは、その感覚に寄り添うことが必要なんだなぁと改めて思いました。
    私は自分に試して行きたいと思います。

    また、普通の姿勢から恥の姿勢へ、恥の姿勢から普通の姿勢へ変えるワークでは、私は、恥の姿勢に移り変わるにしたがって、後頭部から背中にかけてこわばる感じや気持ちも体も下へ引っ張られるようにして沈み行く感覚がし、同時に歯を食いしばっている自分にも気付きました。
    意識して、この動きをしてみたことで、「日頃から肩がガチガチだったり、寝ている時に歯を食いしばっていた感覚を寝起きに感じることがあるなぁ」と思い、「無意識に(?)私も何かに対して構えているのかも知れないなぁ」と思ったりもしました。

    少しずつ、自分の体感に気付きながら、学びを活かして行けたらと思います。

    今回もありがとうございました。

  • #10

    ぽむの山口です (日曜日, 07 5月 2017 11:04)

    MOさん

    いつもコメントありがとうございます!

    姿勢の探求、興味深いですよね。

    恥の姿勢のように、
    歯をゆっくりゆっくり
    噛んでみて、
    そしてゆっくり、ゆっくり
    力を抜いていく、

    これも探求しても
    何か発見があるかもですね。

    また教えてくださいね。






  • #11

    きよりん (火曜日, 09 5月 2017 18:05)

    やっとここまで見れました

    いつもいつも、山口さん素晴らしい!

    引き出し豊富、めっちゃ勉強してる

    ワークしてみました!

    わたし、恥の姿勢やん‼︎

    胸張るのに抵抗

    ちょっと戻したり 笑

    そして、「お母さん不幸なのに自分だけ幸せになれない」

    というビリーフが飛び出し

    いやーもうとっくに手放したのに

    姿勢には残ってるんですね

    幸せだと攻撃されたんですよ

    いつも見ているものに似てきたり 怖

    ありがとうございます^ ^

  • #12

    ぽむの山口です (火曜日, 09 5月 2017 18:54)

    きよりんさん

    コメントありがとうございます!
    一生懸命作ったかいがあります。

    姿勢には残っている、
    まさにそうですよね。

    ワークすると以外に、
    身体に、深いところに
    残っている。

    ためして頂いてありがとうございます!



  • #13

    green (日曜日, 17 9月 2017 09:47)

    まだまだ理解できてないところは沢山あるとは思いますが
    今回も、どのお話も納得でした。
    良かれと思って、もっと姿勢をこうしたら自信が出てくるよとよく言われて
    内心は悲鳴をあげながら(笑)がんばって、症状がひどくなっても
    当たり前なんですね。
    リソースと、縮こまってる自分を認めてあげたり気づいてあげないとと思いました。
    4回目の動画の目線の話を参考にして、食事の時など向かい合う席の時に
    時々目線を外してもらった方が話しやすいことをお願いしたところ
    落ち着き具合が少し改善されました。
    ありがとうございます。次回もよろしくお願いします。

  • #14

    ポムの山口です (日曜日, 17 9月 2017 19:44)

    greenさん

    コメントありがとうございます。

    いいですね。

    学んで、実践して、改善した。

    実践されること、
    本当に素晴らしいと思います。

    勇気をもらいました。
    ありがとうございます!



コメントの所にシステム上「ホームページ」と出てしまいますが、

 

お気になさらずに、、、コメントどうぞ。