オンライン版

自己批判

確実に減らす方法を学ぶ講座

 

 

 

全6回のオンラインセミナー

第6回

セラピストの恥について

お笑いネタをやる?

あらためて恥とは

最後に、恥を再構築する

コメントありがとうございます。

名前はもちろんニックネームでも大丈夫です。

ご自由にコメント下さい。

 

動画の感想、実践してみようと思うこと

などなど。

 

コメントをお書きください

コメント: 10
  • #1

    MO (日曜日, 07 5月 2017 01:23)

    今回も、沢山の気付きと学びをありがとうございました。
    まず、「セラピストとしての恥」については、私は就職支援の現場でも、普段は自信が無くて恥を感じることが多いのに、自分が感情的にバウンダリーを超えてしまうと急に自信過剰な思考や態度になったり・・・と、極端な傾向があるので、今後は常に謙虚さを忘れないよう、努めたいと思いました。

    また、「お笑いネタをやる」では、神戸でのセミナーでワークを体感した後には「自己批判は単なる思考」という既に分かったいたつもりの言葉がスーッと自分の中に入ってきた感覚を思い出すことができました。

    最後に、「恥とは・・・。」では、「恥=サバイバルリソース」というお言葉に、「確かに、そうやって自分を保ってきた気がするなぁ」と納得しました。
    そして、私にもっとも響いたのは「恥の元々のルーツは、愛し愛されたいということ」とのお言葉でした。
    私には、このお言葉は「まさに・・・。」という感じで、「愛し愛されたい渇望から、そのためにはこんな自分では・・・。」と、恥や自己批判が深まるというループにはまっているように思います。

    今回、自分が本来望んでいるものと手段のズレのようなものを認識できたように思いますので、この気付きを自分を育てるために活かして行きたいと思います。

    今回もありがとうございました。

  • #2

    ぽむの山口です (日曜日, 07 5月 2017 10:43)

    MOさん

    コメントありがとうございます!

    セラピストの恥、これについては、
    両極端になることがあるのですね。
    自信過剰と恥を感じたり。

    ふと思ったことなのですが、
    その間におられる時も結構あるのでは
    ないかな~と。

    自信過剰になったり、恥になったりは
    実は「たまに」なっている状態という
    こともあるかもしれません。

    以外にいい状態(謙虚とか落ち着いた自分)
    でいることもあったりするのでしょうか?

    様々な言葉に気づきを得られたのですね。
    心に響いたのですね。

    「恥はサバイバルリソース」
    「恥は愛し愛されたいということ」
    「自己批判は単なる思考」

    確かにこの3つ、
    今回の講座のポイントのような気がしています。

    教えて頂いてありがとうございます。

    私にとっても、
    恥は愛し愛されること、
    この言葉はまさに、目からウロコと
    いいましょうか、

    恥の深さみたいなものを
    感じます。

    また次回の動画で!










  • #3

    きよりん (木曜日, 11 5月 2017 12:48)

    最後、感動的に終わりましたね
    まさか、恥がリソースだったとは!
    スーパーマンだったとは!
    いやシェイムマンか 笑

    恥について深めたことなかったので
    だいぶイメージ変わりました
    ありがとうございました

    すぎちゃん良かったです
    わたしまで汗かきました 笑
    山口さんのチャレンジに拍手

  • #4

    ぽむの山口です (木曜日, 11 5月 2017 14:19)

    きよりんさん

    コメントありがとうございます!

    いいっすねー。
    シェイムマン。

    映画化されたりして(笑)
    恥ずかしがりながらも
    正義の味方という主人公。

    すぎちゃんの「S」かも
    しれないですね(笑)

    最後まで学んで頂いて
    本当にありがとうございます!





  • #5

    みすず (日曜日, 29 4月 2018 18:21)

    特に、トラウマを抱えた人は、その人のどんな言動の底にも、「愛されたい」衝動が横たわっている、ということを念頭において、クライアントの(問題とされる)様々な言動の真意を翻訳して当人に伝えることが、セラピストの役割なのかも、と、改めて思いました。

  • #6

    ポムの山口です (日曜日, 29 4月 2018 22:08)

    みすずさん

    コメントありがとうございます。

    そうですね、
    深い部分は大抵、

    認められたい
    愛されたい

    があるように思います。

    その視点を、支援者は持っておく必要ありですね。

    さすが、鋭いですね (^^)/




  • #7

    Sachiko (金曜日, 13 7月 2018 16:43)

    講座で学ばせていただいて姿勢がよくなってきている感じがします。
    (子供の頃から姿勢が悪かったので気がついたら伸ばすようにして
    いるのですが、スーと伸ばしやすくなってきました。呼吸が後ろに行かずにまっすぐ下に行く感覚がありました)
    いろいろな気づきがありましたが最後には 過去の自分を全肯定してもよい、全肯定したい、そんな気分です。
    本当にありがとうございました。

  • #8

    ポムの山口です (金曜日, 13 7月 2018 19:36)

    sachikoさん

    最後まで、お疲れ様でした。

    いいですね〜。
    姿勢が変わってくると
    気分や思考も変わってくる事も多いです。

    全肯定、ですね。
    どんな自分も受け入れていく、
    それこそが、
    本当の自信だったり、
    自然体で楽に生きられる事に
    繋がりそうですね。

    最後まで
    学んで頂いて本当に嬉しいです。



  • #9

    みんみん (火曜日, 24 7月 2018 02:57)

    6回の動画ありがとうございました。

    始めは恥の強いクライエントさんへの対応をどうしたらよいのだろうかという思いから受講しましたが、この講座が進むにつれ、自分自身の恥や自己批判が癒されていくのを実感しました。

    「恥のルーツはただ純粋に愛されたいだけなんだ」という言葉はとてもパワフルで、涙がスーッと流れました。山口さんの言葉で、自分の恥が根っこから受け止めてもらえたという感覚を得ました。おかげで、自分自身のセラピーでも過去の自分を許す、受け止めていくという風に自然に進んでいきました。これからもじっくり味わいながら、その気持ちを深めていきたいと思っています。

    今回の講座で学んだことや自分自身の体験をクライエントさんのサポートにもどんどん活していきたいです。
    この講座に出会えたことに心から感謝です。

  • #10

    ポムの山口です (火曜日, 24 7月 2018 11:31)

    みんみんさん

    コメントありがとうございます。

    クライアントさんの対応を学ぶことと
    自分自身の対応というか、癒しって
    以外にリンクしてますよね。

    それと、恥のルーツは純粋に愛されたいだけ、
    これは、私も知った時は、
    目からウロコでした!

    こういう体験をしていくと
    力が抜けて、自然体でいられる支援者に
    なる1つの要因だと感じます。

    こちらこそ、
    この講座に出会って頂いて
    ありがとうございます。

    このようなコメントを頂くと、
    大変だったこともあったけど
    本当にこの講座を作ってよかったと
    感じさせられます。




コメントの所にシステム上「ホームページ」と出てしまいますが、

 

お気になさらずに、、、コメントどうぞ。