オンライン版

自己批判

確実に減らす方法を学ぶ講座

 

 

 

全6回のオンラインセミナー

特典動画

セクシュアリティーと恥

コメントありがとうございます。

名前はもちろんニックネームでも大丈夫です。

ご自由にコメント下さい。

 

動画の感想、実践してみようと思うこと

などなど。

 

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    きよりん (火曜日, 18 4月 2017 11:44)

    忙しくまだ全然みてないのに
    これから見ました。

    ゲイパレード見たい!楽しそう

    性が自由で美しいってはじめて
    聞きました。いいですね。悪いことと思ってました。よく近所の男の子も「悪さしてないか」って怒られてたし。少子化の一要因ですね

    4歳5歳の幼児マスターベーションは、親の育て方悪いとか、言われたり、やめなさいって強く叱ったりするけど。猿だったころのなごりなんだって。それくらいに猿は生殖年齢になる。
    人間も4.5歳でちょっとだけ性ホルモンが活発になり、戻ります。無用の恥にならないよう、正しい知識を広めましょう

    恥が人とつながれないこと
    も初耳です。了解

    これから、前に戻ります

    ありがとうございました

  • #2

    ぽむの山口です (火曜日, 18 4月 2017 13:41)

    きよりんさん

    コメントいつもありがとうございます!

    ゲイパレード、刺激的で楽しいですよ。
    お祭り的な感じです。

    性が悪いものと教育されてしまうと、
    タブーなものとなって恥が強くなるのかもしれません。

    好奇心をもって、社会の仕組みを学ぶ、スポーツをする、
    人と関わる、

    それと同じような感じで、性も探求する、

    ある意味、美しいものと伝えていきたいですよね。

    サルとマスターベーションの話、
    興味深いです。

    教えて頂いてありがとうございます。

    観たいところから、みるのもいいですね。






  • #3

    MO (日曜日, 07 5月 2017 08:22)

    今回、「本来、性は自由で美しいもの」というお話をお聴きして、支援現場で感じたことを思い出しました。

    私は、ひとり親家庭の親御さん方の支援をしているのですが、小学生高学年の男の子と3歳の女の子のお子さんがいらっしゃるお母様が、離婚後、ある女性を男性として愛するようになり、同棲なさり、お子さんと4人で生活なさるようになったとのことでした。
    初めは、恥ずかしがっていた子どもたちも、慣れてくると同棲相手の女性を自然と「お父さん」と呼ぶようになり、自分との夫婦関係も温かく受け入れてくれていると嬉しそうに語っていらっしゃいました。

    今回、山口さんのお話をお聴きして、このクライエントさんのお話を思い出し、このお子さん達の姿からも、「性って、本当に本来、自由で美しいものなんだな。プライベートな空間であったり、お互いを大切に思う気持ちの上に成り立っていれば、本当に素晴らしいものなんだな。性=恥という感覚も、後から取り入れた、本来、不要なものなのかもしれないな。」と思いました。

    また、「恥=人と繋がれない感覚」というお話にも、深く共感しました。
    こららの感覚が、「愛し、愛されない」にも繋がり、自分を苦しめているのかもしれないとも思いました。
    恥も、付き合い方次第では、自分をかなり苦しめる認知になってしまうのだな・・・と。

    今回も、いろいろな気付きをありがとうございました。

  • #4

    ぽむの山口です (日曜日, 07 5月 2017 10:54)

    MOさま

    コメントありがとうございます。

    「お互いを思う気持ちの上に成り立っていれば、素晴らしいもの」

    いや~。ほんとにそうですよね。
    何かスッキリしました。

    もう一つは、、、

    「性=恥という感覚も後から取り入れた不要なもの」

    この言葉も学びになります。
    ありがとうございます。

    健康的な恥は、性に関しても
    必要そうですが、、、

    特にゆがんだ恥は、
    もともとはなかったもので、
    いらないのかもしれないですね。

    新しい気づきをありがとう
    ございます!





  • #5

    ぞのさん (水曜日, 17 5月 2017 12:49)

    今回の動画で、最後の言葉が刺さりました。
    「人と繋がれないこと」

    PTSDの人は、大変なことがあったらそうなる人がいるって
    わかってる人がいるだけで
    すごく助かると思います。

    ゲイの人も、そういう人がいるってわかってもらえてるだけで、相当心強いと思います。

    集団に認知してもらい、繋がることは大事ですね。

    ある意味私が繋がりを絶つことに必死だった過去があるので、今後「何処に繋がっていくのか?」
    考えさせられました。
    大きなテーマを頂きました。
    今回もありがとうございました。

    又のお会いできる日を楽しみに待ってます�

  • #6

    ぽむの山口です (水曜日, 17 5月 2017 13:18)

    ぞのさん

    コメントありがとうございます!

    「人と繋がれないこと」

    ですね。

    どこに繋がるのか?
    誰に繋がるのか?

    大事ですね。
    考えさせられますね。

    また次回!




コメントの所にシステム上「ホームページ」と出てしまいますが、

 

お気になさらずに、、、コメントどうぞ。