オンラインプログラム

 

支援者のための、過覚醒、解離、離人感、

フラッシュバックなどのトラウマ症状を、

確実に減らす方法を学ぶ講座

 

全8回のオンラインセミナー

第5週目

ここまでのQ&A

 

動画の前半は、話を止めることについて。色々な角度から話しているので、わかりにくさがあるかもしれません。動画の後半は、5つくらいの質問に答えています。

 

コメントありがとうございます。

名前はもちろんニックネームでも大丈夫です。

ご自由にコメント下さい。

 

例えば、動画の感想、

実践してみようと思うこと。

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    きよりん (木曜日, 26 1月 2017 17:44)

    話を止めるは、革命ですね〜。バンバン広めましょう。あらゆる無料相談で、ゴミ箱にされて困ってます。自信もってやりましょう\(^o^)/

  • #2

    ぽむの山口です (木曜日, 26 1月 2017 21:57)

    きよりんさん

    コメントありがとうございます。

    話を止める、ということは
    ゴミ箱状態になっている人に
    とっては、とっても大事なテーマですね。

    苦しくても傾聴し続けるものだと思って
    いるのを、リフレームしたとの思いで
    話させていただきました。

    結構基本的なことですが、、、

    来週あたりから、もっと深まって
    きますので、お楽しみに!



  • #3

    うっち (土曜日, 28 1月 2017 10:16)

    こんにちは。質問です。
    過覚醒状態が頻繁な場合は、医療受診も重要だと思いますが、セラピストは医療との連携はどんな風にできましょうか?

  • #4

    ぽむの山口です (土曜日, 28 1月 2017 11:46)

    うっちさん

    質問ありがとうございます。

    私の意見になりますが、
    過覚醒状態が頻繁な場合でも

    心理療法というかセラピーで
    何とかなることがほとんどだと
    思っています。

    今週の「過覚醒の対応法」の動画で
    話すようなことをすると
    大体お落ち着いてきます。

    ただあまりにも
    強迫性が強かったりすると
    クライアントさん自身の変わろうと
    する覚悟がないと変わりにくい
    印象があります。

    何をしても過覚醒状態が落ち着かない時
    医療機関にかかる選択もありかと
    思います。

    トラウマに詳しい精神科などのお医者さん
    を紹介できるようになっておいても
    いいかもしれませんね。

    何か、生理的なというか、身体的な
    理由で過覚醒になる可能性も
    わずかながらにあるかもしれません。

    また何かあればご質問くださいね。





コメントの所にシステム上「ホームページ」と出てしまいますが、

 

お気になさらずに、、、コメントどうぞ。