過去のトラウマを語るのはダメ?トラウマ業界が試行錯誤して苦しんだこの30年(6分)








動画のコメントよろしくお願いします。

あなたのコメントがみんなのためになります。



コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    ぽむの山口です。 (木曜日, 19 6月 2014 14:49)

    ご感想、コメントご自由にどうぞ。
    匿名でももちろん大丈夫です。

    過去の被害体験、トラウマをはきだす様に語って
    しんどくなったことはありませんか?

  • #2

    ヒロシ・m (月曜日, 01 9月 2014 18:32)

    いつも動画ありがとうございます。

    日本だと、精神論や克己心を尊重する雰囲気がありますね。自分にはそのにはとても納得できませんでした。

    トラウマを話す、語る、もしくは吐きだすのにも計画性が必要だということを初めて知りました。

    単純に吐き出せば全てOK!!といわけでないことに対して、納得できました。

  • #3

    POMUの山口です。 (月曜日, 01 9月 2014 22:35)

    ヒロシさん

    こちらこそ観て頂いてありがとうございます。

    計画的にトラウマを語るのは、たとえば、ダムに例えると、、、

    溜まった水がトラウマ記憶で、それを一気に解放すると下流は洪水になってしまう。だから計画的に少しずつ門を開く。門を開くスキルも必要だし、しめる技術も必要。適量を川に流していく感じ。

    そんな感じでしょうか。








動画の内容

トラウマを語ることについて。今までは、過去の被害体験、トラウマを話すことで癒されると信じてきた。これは間違っていた。欧米でも30年ほどずっと語ること、吐き出すことでよくなると信じられてきた。

 

でも全くよくならなかった。話せば話すほど、PTSDなどの症状が悪化することがよくあった。日本ではまだまだ過去の話しに傾聴することがカウンセリングの大事な要素だと思っている。

 

10年カウンセリングに通ってもよくならないという話もよくカウンセリングの現場で聞きます。過去の被害を語ることをすべて否定しているわけではない。語る時期、語るタイミング、語る量、語り方などではないかと思います。

 

回復のプロセスで過去の被害を振り返ることもあります。少しずつ語る、一気に吐き出すようには語らない。よい状態、リソースフルな状態を育てて、その感じでトラウマに入っていく。これが最新のトラウマセラピーです。