なぜグラウンディングはトラウマ回復に必要なのか?     

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    shoda (木曜日, 10 3月 2016 11:14)

    目覚めたときのような感覚を大事にするということなのかなと思いましたが、よく理解してない。感情を楽にして相手をしっかり受け止めたり聞いていくと相手の今まで見えていなかった面が見えることがあると気づきましたが、すぐそれを忘れると分かりました。自分の感覚を相手に合わせていけるようにフラットにしていくことに努めよ、と言われてる気がした。










  • #2

    ぽむの山口です (木曜日, 10 3月 2016 12:10)

    shodaさん

    コメントありがとうございます。

    色々気づきがあったようですね。

    教えて頂いてありがとう。
    グラウンディングは相手との関係の中で感じるものかもしれないし、

    自分の中でだけで感じていくものかもしれないし、

    興味深いですね。

    また教えてくださいね。






なぜグラウンディングはトラウマ回復に必要なのか?     

 

 

トラウマセラピー専門家の山口です。

 

 

地に足をつける!

 

これができてないと、、、

 

 

セラピーできません。

くらいのことです。

 

 

 

 

想像してみてください。

 

 

シートベルトせずに、、、

 

 

ジェットコースターに乗ってみる。

 

 

一回転してる、

真上で、

 

 

落ちてしまいます。

 

 

そんなもの。

 

 

 

 

 

 

カウンセリングでは

 

トラウマの症状が

ある方は特に、、、

 

 

感情で圧倒され

そうになりますよね。

 

 

その軸となる1つが

グラウンディング。

 

 

 

 

 

あとはリソースとかスキルとか

ありそうですが、、、

 

 

足を意識する。

 

 

立ってもらう。

 

 

大地を感じる。

 

 

セラピストが

クライアントの足を踏むことも。

 

 

冗談ではなく(笑)

 

 

もちろん信頼関係、

理解があっての上ですよ。

 

 

 

 

 

セラピーは椅子に座ってするもの

とは

 

 

勝手な固定観念ですね。

 

 

別に散歩しながら

やってもいいわけです。

 

 

私もたまにやってます。

 

 

オフィスの中でうろうろ

したり。

 

 

立ったまましばらく

話したり。

 

 

 

 

 

なので、

船が沖にながされて行かないように

 

 

いかりを下ろしましょう!

 

 

ってな方向で。

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いて、

ありがとうございます。

 

 

では、次回まであなたの

心とからだをお大事に。

 

 

山口修喜

 

 

P.S.期間限定で、

無料のオンラインセミナー配信しています。

下の2つよりお選びください。

 

 

 

身体志向のセラピーを第一人者3人から学ぶ

 

全6回 無料動画シリーズ

 

第一人者3人のインタビューをご視聴できます。


フラッシュバックを減らす方法

全3回 無料動画シリーズ

 

トラウマ症状やフラッシュバックを減らす方法が明らかになります。