トラウマから回復するのに一番大事なものとは?

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    RY (木曜日, 24 12月 2015 22:56)

    リソースという捉え方の広さにすごく心がほっとする感じになりました。
    これから食事や心地いい風景に出逢えたときも、
    「これもリソースになっていくんだなぁ」と感謝できそうな気がします。
    それだけでリソースという考え方を知れて豊かな気持ちになりました。
    ありがとうございます。

  • #2

    ぽむの山口です (木曜日, 24 12月 2015 23:07)

    RYさん、
    コメントありがとうございます!

    リソースを広くとらえて、いくことは
    大事そうですね。

    からだが心地よければ、すべてリソース!
    それを後は、感じる、味わうだけ。

    1つ1つ積み上げていくことで、
    違う自分に?変化している自分に気づくかも
    しれません。

    ではまた次回に!


  • #3

    ゆかり (金曜日, 25 12月 2015 09:37)

    メリークリスマス
    リソースと言うプレゼント、ありがとうございます。
    分かりやすい説明でした。
    リソースをイメージし、たっぷり体感するだけで、安心し、身体が楽になるから不思議ですよね。その時のテーマによってぴったりのリソースが浮かぶのも、スピリチュアルです。
    リソースを「強み」と訳されていましたがちょっと違和感ありました。、私は「資源」と言うことが多いのですが、英語に弱いので、どうなんでしょうか。強みと安心安全という言葉の方向性が違うように感じました。
    サンタクロースも、子どもの頃のクリスマスの思い出もリソースになりますね。

  • #4

    ぽむの山口です (金曜日, 25 12月 2015 10:19)

    ゆかりさん

    コメントありがとうございます。
    確かに、リソースは「資源」の方がしっくりきますね。

    その資源があなたの強みでもありますよって
    ことをお伝えしたかったのかも。

    資源であり、体のここちよさ、安心、安全、強み、
    感覚的な内面のリソースもありますし、
    外面的なリソースでは、環境、持っているのも、
    周りの友人、家族、、、

    ゆかりさんの言われるように、
    「思い出」、いいですね~。

    ではまた次回の動画で。


  • #5

    ひまわり (火曜日, 09 10月 2018 21:27)

    質問です。

    浅井咲子さんのブログに、CRMとあって
    総括的リソースモデル
    …らしいのですが、略語でない英語をご存知でしょうか?

    「総括」が分かりません、(「C」が何の頭文字なのか?分かりません…)
    「包括的(comprehensive)」みたいな意味なのかな?と、辞書や翻訳機能で調べて思うのですが、

    https://ameblo.jp/artoftherapy/entry-12386871593.html

    最近の記事にもCRMと書かれていて、なんだろう?と思いました(ネット検索しても分からない)。
    ポリヴェーガル理論の絵本付きの本を読んでから、ブログチェックしています(=回復の力にしたい為)。

    山口さんなら、きっとご存知だと思うので、教えて頂けたら、ありがたいです。
    浅井さんに直接聞ければ良いのでしょうが、それだけを聞くのに「初めまして」から、メールするのも・・・という感じです、笑。

    元の英語くらい知っていたいので、お願いします・人・

    リソース、私の先生は「強み」と言っていました。
    「自己資源」というサバイバーもいました。

    英語圏の人には、自尊・自愛が割と根底にある(持てる)ので、リソースが持ち易いと思います。
    言語的に、そう思います。
    謙譲、謙遜、謙虚とか、儒教的な上下関係、師弟・親子・男女関係が強い文化圏では、
    まず、自分が自分でいることの(他に譲らないで自分でいることの)、その自分への許可の体得が必要だと、自分の経験から思います。そういう意識から、リソース構築が、必要なように思いました。バウンダリーの構築にも、大事だと思います。

    私にとっては、自尊、自愛といったことなのですが、それをカウンセリングでは聞きません(取り入れている精神科医は2、3人ネットで見掛けましたが)。先生はシェアしてくれます。
    大事だと感ずるのは、私個人だけかもしれませんが、結構、他のサバイバーも必要としていると、経験から思います。

  • #6

    ポムの山口です (火曜日, 09 10月 2018 22:04)

    ひまわりさん

    Comprehensiveであってますよ〜

    Comprehensive Resource Model CRMということです。



「トラウマ回復で1番大事なことがリソース!」

 

 

トラウマセラピー専門家の山口です。今回は、トラウマ回復するのに、なぜリソース(あなたの強み)を発掘していくことが大事なのか?について書いていきます。

 

 

では、リソースとは何なのか?リソースとは体が心地のよいこと。でも、依存的なことではない。お酒を飲んだり、ネット依存ではないということ。もっと健康的に体が喜んでいるようなこと。

 

 

リソースと言っても、沢山あるのですが、、、分りやすいのが、例えば、カレーが大好き。食べた時に、おいしいな~ってなる。下で味わう、体で感じる。なので、食事もリソースになる。

 

 

あとは、「こんな方と話していると、とても落ち着く~」というようなとき。その友人と話していると、何か落ち着くな~、ほのぼのするな~。体がここちいいな~。というように。これもリソースですね。

 

 

からだを動かすようなこと。スポーツをすること。読書をすること。恋人と話をすること。散歩すること。イメージをすること。子供のころに守ってもらえた記憶を思い出すこと。学ぶこと。新しいことを体験すること。アート的なことをすること。マインドフル瞑想をすること。

 

 

とにかく、今この瞬間に「ここちいい」と感じることがリソースです。

 

 

もう挙げるときりがないくらいですね。何十、何百とあります。大事なのは、リソースは、人それぞれによって違うということ。

 

 

例えば、ある映画を小さいころから何度も観ている。それをちょっと観るだけで、ほっとするなど。さらには、ある音を聴いたり、ある景色をみていると、落ち着くなどもあります。

 

 

虐待などを受けてきた人に中には、「私にはリソースがありません」と言われる方もおられるのですが、大事なことは、人には必ず何らかのリソースがある、ということ。

 

 

なさそうに見えてもあるんですね(笑) 

 

 

虐待などの、大変な人生を送ってきても、今まで何とかやってこれた。サバイバルしてきたことが、リソースなのです。

 

 

そのように、リソースを発見、発掘していくことが大事。リソースを育てれば、育てるほどトラウマから回復できる。

 

 

そうすると、セラピーにおいてのトラウマ回復がより安全に、より効果的にできるということ。

 

 

それは、リソースを育てていく過程で、トラウマ症状である過覚醒、フラッシュバック、依存、解離、離人感などが軽減されるということ。

 

 

さらには、トラウマ的な嫌な感覚が出てきても、リソースを見つけておくと、すぐに自分でそのリソースを感じてコントロールできるということもありますね。

 

 

例えば、急に過去のいや~な感じが出てきたり、映像のフラッシュバック的なものが出てきたりして、何とも言えない鬱っぽい気持ちになったとする。

 

 

その時に立て直す意味でも、リソースを思い出して、そのリソースフルな行動をしてみたり、思い出したりすることで、少し楽になることもあると思います。

 

 

今回は、トラウマ回復において、リソースがとっても大事という内容でした。

 

 

最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。

では、次回まであなたの心とからだをお大事に。

 

 

山口修喜

 

 

P.S.期間限定で、

無料のオンラインセミナー配信しています。

下の2つよりお選びください。

 

 

 

身体志向のセラピーを第一人者3人から学ぶ

 

全6回 無料動画シリーズ

 

第一人者3人のインタビューをご視聴できます。


フラッシュバックを減らす方法

全3回 無料動画シリーズ

 

トラウマ症状やフラッシュバックを減らす方法が明らかになります。今すぐ観れます。