第4回 フォーカシング (後半)





Coming Soon

5. ボディーNLP

 

Coming Soon

6. ボディーNLP

 


 

 

 

 

 

 

 



この動画をシェアーして頂けますでしょうか?

 

 

「あの人なら、この動画を観たいかも」

「あの人がソマティックなアプローチを使いこなすと、さらに魅力的な支援者になりそう」

 

思い当たる方はおられますでしょうか?

 

少しでも楽にお知らせできるようにと思いまして、、、コピペすると楽です。

 

 



こんにちは

今、無料のインタビューが公開中です。

 

フォーカシングの池見先生、

ハコミセラピーの高尾先生、

NLPの若本先生、

 

それぞれの分野での第一人者たち。

 

内容は、身体にアクセスしていく

セラピーについて。

 

全部で6回の動画セミナーになっていて、

合計約3時間のコンテンツ。

 

「ロジャーズを実践する」

「マインドフルネス」

 

「池見先生の師匠のエピソード」

 「感じることの誤解」

 

「深呼吸の間違い」

「目を使って、うつを治す」

 

 

こちらから観れます。

http://www.pomua.info/ca


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

名前はもちろんニックネームでも大丈夫です。

ビデオのご感想などお待ちしております。

コメントをお書きください

コメント: 16
  • #1

    木村 歩記 (土曜日, 09 5月 2015 15:26)

    山口様

    とても興味深く、深い学びの時間をありがとうございました。
    聴くということは、微細な感覚に触れる。状況を照合していく。新鮮なものはどこなのか探していくこと。
    これは、とても繊細に今の生き方と実感していくことなのだと思いました。

    不思議な事に、繊細なところに付き合っていく体験は、反発や恐怖ではなく、ある種の心地よさなのだと感じています。

    不思議な事にと書いたのは、心地よさがあると感じている一方で、池見先生の仰られていたように、繊細なところに触れることで大きな揺れのようなものが起るのではいないか、という思い込みが、私にもあるのだなと気づきました。

    沢山の知識と体験とのずれが、まだまだあるのだと感じる時間でした。
    ありがとうございました。

  • #2

    ナビゲーターの山口です (土曜日, 09 5月 2015 20:26)

    木村さん

    コメントありがとうございます。
    「聴くということは、微細な感覚に触れる。状況を照合していく。新鮮なものはどこなのか探していくこと。」

    この1文、とてもきれいにまとめて頂きました。
    私の中でストンと落ちた感じです。

    いや~、いいですね!

    微細な、繊細な感覚は
    時に心地よかったり、大きく揺れそうな
    感じもするのですね。

    確かに、心地よい感覚はひたりたいと思ったり、
    ちょっと嫌な感覚などは、不安があるのも自然なの
    かもしれませんね。

    ではまた次回の動画で!







  • #3

    k (水曜日, 10 6月 2015 06:51)

    とても勉強になりました。
    フェルトセンスは、状況に起因するんですね。というか、状況とクロスすると
    プロセスが進むのですね。今まで内面に偏り過ぎていたというのが、なるほどと思いました。感じない人、感じすぎる激しく感情感じる人共通の、繊細な感覚に触れていく必要、それは、心地良さにつながるというのが、新鮮でした。なんだか、怖い感じがわたしもしてます。神は小さな声?というのが印象に残りました。SEで学んだこととしっくりきます。
    thinking mindが感覚を作り出すこともあるのですね。今のわたしに響きました。厳しい超自我で、ビシビシ鍛えて、勝手に胃を痛くしてるので(笑)

    冒頭の、学会などで、参加者への話だけならオンラインにしてほしいということ、わたしも思います。オンラインセミナーたくさんされてきたのですね。世界中どこにいたって、著名な先生方の学びが受けれるのに、英語の壁で、学べないのが、残念です。山口さんが羨ましい。
    今回、このようなプログラムを企画され、実際に収録、提供してくださり、本当にありがとうございます。仲間ともつながりたいです。コミュニティができると嬉しいですね。

  • #4

    ナビゲーターの山口です (水曜日, 10 6月 2015 11:13)

    Kさん

    コメントありがとうございます。

    ポイントを的確に表現して頂きました。

    クロッシングの話、
    内面に偏りすぎている話、
    微細な感覚の話、
    シンキングマインドの話、

    あとオンラインはオンラインでいい話。

    最近また、海外の愛着とソマティックヒーリングの
    月1回のオンラインセミナーにはまっています(笑)

    また何かの形でお伝えできたらと思っています。



  • #5

    G/G.com (火曜日, 16 6月 2015 21:40)

    山口さん
    僕は、感覚と感情の話がとても興味深かったです。怒りでも火山が噴火するような怒りなのか、沼に沈んでいくような怒りなのか。感覚に質があるように、感情にも質がある。なるほど~。また、自分の怒りがどのような怒りなのかを探究してみたいです。そして、からだの微細な感覚や感情(気持ち)に日々寄り添っていこうと思いました。そうしたら、自分にやさしく丁寧に関われることでしょう。きっと。
    ありがとうございます。

  • #6

    ナビゲーターの山口です (火曜日, 16 6月 2015 21:57)

    G/G.comさん

    コメントありがとうございます。

    どの様な怒りなのか?探求してみよう、
    というのがいいですね。

    やっぱり探求ですね。

    微細なことにも目を向ける、、、

    また教えてください。




  • #7

    Gumi (月曜日, 30 11月 2015 13:56)

    感覚を言葉に表すこと、何かを何かで例えてみたりして、言葉を介在させることで、そこにある何かが意味を持ったものとして知覚されてくるということにとても納得しました。状況と感じていることを重ねてみることで、内面が外面化されてきて、そうすると、自分を苦しめている「我」が見えてきたりするのかも知れないなぁと、ぼんやりですがそんな風に思っています。
    生活の中でも、どこに新鮮なものがあるかなぁ、と聴いていくことは、他者や世の中との関わりに繊細さを加えてくれるのかなぁ、そうすると、生き方が優しく豊かになるのかなぁと思います。
    素敵なお話ありがとうございました。

  • #8

    ナビゲーターの山口です。 (月曜日, 30 11月 2015 17:02)

    Gumiさん

    コメントありがとうございます。
    納得されたようで、嬉しいです。

    あと、確かに状況と感じていることを
    重ね合わすのは、ジェンドリンが伝えたかった
    こと、らしいですね。

    私もこの点は、ある意味新鮮でした。

    また次回もお楽しみに!



  • #9

    TU (金曜日, 26 2月 2016 13:12)

    セミナーの中で、池見先生が「主観の介在しない状況はない。状況をどう生きようとしているのか」と仰っていたことが、耳に残りました。

    ●我-Thinking Mind を作り上げることで、さらに苦しくなる(私にも身に覚えのあることなので、苦笑)
    ●1つ同じ「怒り」と言っても、状況によって全く質の違うものである、どの状況とクロスするかで全く流れが変わること
    ●神は静かな小さな声の中にいる

    これらのことを「なるほどなぁ」と感じ入って観させていただきました。

    どこに新鮮なものがあるかなぁ、と聴いている...動画の、この先のやりとりも是非聞いてみたかったです。動画が終わってしまって、残念!


  • #10

    ナビゲーターの山口です (金曜日, 26 2月 2016 15:51)

    TUさん

    いつもコメントありがとうございます。

    今回の対談を興味深く観ておられる
    のが伝わってきてうれしいです。

    そして、
    今回の動画のポイントを
    うまくまとめて頂きました。

    私にとっても、いい復習になります(笑)

    インタビューの続きは、
    最後にご紹介させて頂く

    「デモセッション編」の中で


    たっぷり「続き」観れます。

    お楽しみに!



  • #11

    ま~ちゃん (土曜日, 27 2月 2016 19:22)

    素敵な動画の企画をありがとうございます。
    ソマティックという言葉が近年普及して来て、こころと体のつながりの大切さが
    見えつつあるのだと思います。
    この動画は、既にセラピストとして自分のスタイルを持っている人は付加的に
    使えると思いますが、これから始める人にとっては少しハードルが高いかも
    知れません。
    でも、一つのきっかけとして貴重な動画を提供して頂き感謝です。

  • #12

    ナビゲーターの山口です (土曜日, 27 2月 2016 20:10)

    ま~ちゃんさん

    コメントありがとうございます。

    確かに、わかりやすく「説明」する
    という入門編ではないかもですね。

    入門編であれば、対談より、
    例えば、山口が一人で、ボードに書きながら
    説明した方がわかりやすようですね。

    またそんなプログラム作るかもです。
    トラウマケア的な、、、

    参考になるご意見ありがとうございます。

    対談の中から、使えそうなスキル、
    できるプラクティスがあれば
    実践してみてくださいね。

    また教えてください。

    次回の動画でお会いしましょう!




  • #13

    智子 (日曜日, 26 3月 2017 15:40)

    私は昔怒りを我慢してきて感じないようにしてきたので、良い感情も感じないできました(その時は気づいていません)。話したくなくなったし、考えないようにしてきたのか言葉での表現もあまり浮かんで来なくて上手く言えません。でも以前よりネガティブなことを考えなくなり、まぁいいやでしないことが多かったかもしれませんが思ったら行動したり、やってみたいと思ったらやるようにしたり、少しずつあらたにやることが増えてきています。
    (私はカウンセリング等をする側ではないので動画とコメントがずれていたらすみません)

  • #14

    ナビゲーターの山口です (日曜日, 26 3月 2017 23:24)

    智子さん

    コメントありがとうございます!

    どんなコメントでもOKです。

    やってみたいと思ったらやる、
    というのがいいですね。

    怒りを我慢するのも、意味があるのかもですね。
    こどもの頃はとくに、

    色々なつらい感情をわざと感じなくしてくる
    ことも大事なこともよくありますよね。

    また教えてくださいね。




  • #15

    ひぃ (日曜日, 23 7月 2017 09:15)

    山口様 4本目の動画ありがとうございます。

    私にとって、今回の動画は、4回見させて頂き、やっと おっしゃっておられるアウトラインが こういう事かなと……………難しかったです。

    それは、私が、自分が内面重視で、現実のエピソードを見つめる訓練が できてないせいかなぁ と思いました。
    理解できにくいのには、ただ頭がわるい という事でけでなく、理由があるのかも。

    私が、これらの動画Body Messageを申し込む時の、
    これだ感!!
    治る予感!!
    研究への感謝!!
    など、心理学に関係のない私などにも、直感的にわかる、ビジュアルで見せてくださり、素晴らしく、ありがたいです。

    自分にとって、最速で、なにかに 届くというか、解決のきっかけになるものって感じ。

    話しかわって、もっともっとカウンセリングが広がって、保険診療になればいいのになって思いました。
    それが無理なら、庶民の味方、IT駆使しかないのかなぁ、ここまで進んでいると今知ったばかりの、この素晴らしい治療的接近を、皆の手中にと願う私です。


  • #16

    ナビゲーターの山口です (日曜日, 23 7月 2017 20:31)

    ひぃさん

    コメントありがとうございます!

    難しくもあったけど、
    観られたのですね。

    なにか直感的に、縁を感じられた
    といいましょうか、、、

    解決のヒントがありそうなのですね。

    あと、カウンセリングも
    より多くの方が受けられる、
    社会のシステムを目指していくのも
    大事ですね。

    教えて頂いてありがとうございます。

    また次回の動画で!