トラウマを受けると体が硬直、強張り、歪みを起こす。その対処法を紹介。8分

ご質問への返答動画







動画のコメントよろしくお願いします。

あなたのコメントがみんなのためになります。

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    和美 (金曜日, 15 8月 2014 09:22)

    とても貴重でわかりやすい情報、ありがとうございました。身体緊張がもたらす、心理的不安や恐怖を子供にもわかりやすく説明してくれて感謝も仕上げます。
    日本赤十字が災害防災ビデオを作るのですが、子供の心と体を端とします、数分となりますが、とても勉強になりました。
    先生の慈愛に満ちた語りに感謝です。

  • #2

    ぽむの山口 (金曜日, 15 8月 2014 22:25)

    コメントありがとうございます。

    こどもさんも観てくれたのですね。
    うれしいです。

    まだまだ沢山動画作っていきますので
    お楽しみに。


  • #3

    匿名希望 (火曜日, 19 8月 2014 18:07)

    こんにちは。
    動画をリクエストした者です。
    お礼が遅くなり、申し訳ありません。汗。

    今回の動画、とても参考になりました。
    肩の辺りのすくまった固着と、また腰の腸腰筋などの固着。
    まさに治療の中でも大きなポイントであり、
    現在進行形で変化が起きているところでした。

    非常に良く分かる話で、治療により感覚が大いによみがえる中、
    何というか、感覚の座標(?)が、つかみにくくなっていた所なので、
    この二か所を示していただけたことは、
    変化のカテゴライズの整理に大いに役立ちました。

    ありがとうございます。m( )m

    呼吸の話なども含めて、
    心と身体の関係、心身相関?でしたでしょうか?
    それを大いに感じます。

    自分の歪みの中でも呼吸の横隔膜は、
    とてもとても大きな所、というか、ほぼ歪みの発端に近い、
    少なくともそのひとつなので、とても興味のある話です。

    これまでの動画を再度見させていただきつつ、
    今後も対処法のご案内動画など、楽しみ(?)にしております。

    重ねてリクエストへのご応答ありがとうございました。m( )m

  • #4

    POMUの山口です。 (火曜日, 19 8月 2014 19:45)

    動画リクエストして頂いた方へ

    参考になったと聞けてホッとしました。
    コメントを読みながら、とても身体の探求?と
    言いましょうか、治療に深く取り組まれているのですね。

    専門家のようなコメントがいいですね。
    ストレッチや身体へのアプローチで
    「ほぐれる」レベルもありますが、

    呼吸をさらに深めることで、横隔膜や
    ストレッチでは届かない場所が解放されます。

    今後とも動画をお楽しみに。



  • #5

    ヒロシ・m (火曜日, 02 9月 2014 17:32)

    このセクション、興味深く拝聴しました。身体は素直なんですね。とても納得できました。

    ここ、3〜4年ぎっくり腰の予防のために整体によく通っています。現在に至っては強張りがかなり取れ、精神的にもかなり楽になった実感があり、トラウマの回復にも役立ってることも分かり、最適な日常の対処をしてるようで安心できました。

  • #6

    POMUの山口です。 (火曜日, 02 9月 2014 21:42)

    ヒロシさん

    納得ができたと聞けて嬉しいです。

    トラウマは様々な体に影響与えますが、個人差はありますが
    「腰は怒りと関係」していると実感しています。

    怒りを抑えてたりすると、それが腰痛という形であらわ
    れることがあります。

    整体で精神的に楽になれたのはよかったですね。



動画の内容

 

トラウマと身体について。トラウマに遭うとどうなるのか?身体が硬直、歪み、強張りを起こします。

 

ある方からの動画のリクエスト、メッセージの紹介。トラウマ、性的虐待を受けて、歪みや強張りにつながっていった。その衝動を抑えようとすればするほど、衝動が強くなった。

 

治療士にもであい、回復に取り組んでこられたそうです。同じような歪みの症状、身体レベルでのトラウマ回復について知りたい、ということでした。

 

トラウマにあった瞬間、内臓を守るために肩に力を入れる。背中を丸める。そうすることで息が入らない。死んだふりでもある。加害者を油断させて、すきをみて逃げれるようにする目的もあります。

 

痛み、つらさ、怒りの感情を感じなくする意味もある。手であれば、本当いやと押し返したかった。でも萎縮するのが自然。

 

そのような筋肉ブロックができる。生きてくるためにも。感情にふたをするためにも。

 

では肩の力を一気に抜けばいいのか?ゆっくり抜いていくのがポイント。それを探求するような姿勢で進めていく。